イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

IKEAのペンダントライト

今日は新横浜で仕事だったから帰りに新横浜のイケアに行ってきた。
最近船橋のイケアに行ったばっかりだから大して目新しいものもなく、今日は前から買おうか迷っていたペンダントライトを買って来た。 あとはスプーンと色がきれいなライトホルダー。
c0102268_230255.jpg
ペンダントライトは箱がとっても小さくて、びよ~んと引っ張って伸ばす折畳式?と想像していたら箱を開けると組み立て式。 プラスチックの板が何十枚も入っていてパチパチ穴にはめながら地道に組み立てる。 それにしてもイケアの組み立て説明書ってすっごい分かりにくい。 こんなんでもっと複雑な家具はみんな自分で組み立てられるのだろうか。。
c0102268_2314050.jpg
そして完成して取り付けようとすると、コードが異常に長い。 外国は天井が高いから??
そしてそのコードを中に入れ込んで短くして取り付けようといろいろ試したものの、、、、どうにも取り付けられない!! 結局あきらめてアモの帰宅を待つことにした。

数日前から親知らずの周りが腫れて口もあんまり開けられない。
今日は歯医者さんに行って痛み止めももらってきたけどそれでも痛い。 
早く直りますように。

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-22 23:09 | ショップ | Trackback | Comments(0)

靴とイタリア人

大事な会議がある日は必ず「靴磨いておいて」と言うアモ。
確かにいくらきちんとしたスーツを着ても靴が汚れていたら台無し。

ヨーロッパのホテルやお店では靴を見て人を判断すると言うのは有名だけど、アモの家族が来日した時10日間の滞在だったにも関わらずナント靴磨きセットを持ってきた。 しかもクリーム4本、ブラシ2本、ふき取る古布まで。
c0102268_20491368.jpg
もちろんアモの家族の靴はピカピカに磨かれていて、見たことのないような輝きぶりだった。
そして帰る時に全て置いていったので我が家にはもう数年クリームに困ることはないであろう大量のクリーム。 

イタリアでは靴の修理が安くてしかも日本よりきれいに仕上げてくれる。 
ローマにいた時私の靴のヒールが磨り減ったのでアモのママに修理に持っていってもらうと翌日出来上がって3.5ユーロ、当時は1ユーロ123円くらいだったから400円ちょっと。 日本では1,200円くらいするから「安い!」と今度は他の靴を自分で持って行った。 翌朝取りに行くとまだ出来ていない。「昨日は1日で出来てたのに、明日日本に帰るから今日出来ないと困る!!」と言うと、「だったらそう言ってくれないと普通一週間かかる」と言う。 そして靴屋のおじさんに当時はほとんど話せなかったイタリア語を駆使してわーわー言って無事夕方仕上がった。
この時は一人で大変だったけど「イタリア人と言い争いして勝った!」と妙にイタリア語に自信がついた。 おじさん、ありがとう!

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-21 22:01 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)
晴天だった今日は自転車で新宿御苑に日に当たりに行ってきた。iPodでイタリアの曲を聴きながらイタリア式にたっぷり日焼け。

家に帰ってからは金曜日に買った布で初めてのクッションカバー作りに挑戦。 本当はテーブルクロスにするつもりだったけど、テーブルの上に置いてみたら長さが足りず。。
しっかりした生地だしクッションカバーにピッタリ!と本を見ながら寸法を測ってミシンでダダダっと縫ったら出来上がり。 もしかして今までに作ったものの中で一番簡単だったかも! 柄もイイ感じで大満足♪
c0102268_20443336.jpg
このミシンはコストコで1万2千円位で買ったブラザーのもの。 どうせ直線縫いしか出来ないし(学生時代から裁縫はとっても苦手)とジーンズが縫えればいい。くらいで機能はあまり重視せずに買ったけど、買って大正解。いろんな物を作って、だんだん裁縫も楽しくなってきた。
今度は何を作ろうかな~

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-20 20:57 | 手づくり | Trackback | Comments(0)
最近暖かくなってきたからアモの薄地で、しかもお客様との会議にも着て行けるちゃんとしたシャツを買いに銀座に行ってきた。 買うのはだいたい同じ柄でストライプかチェック。
いつも買うのはブルックスブラザーズだけど今回は気に入ったのが見つからなくてクレージュとアクアスキュータムの2点に決定。
c0102268_21364444.jpg
クレージュのほうはノンアイロン。 アクアスキュータムのほうはアイロンしないといけないけどアイロンしやすそうな素材。

その後東京ミッドタウンで夕食のお買い物。
お好み焼きが食べたいと言うので材料を買っていると魚コーナーでかつおを発見。
「旬」と書いてあるし「かつおのたたき」食べたいな。と小さいサクを購入。
かつおのたたきを自分で作るのは始めて。 薬味はわけぎ、しょうが、みょうがが入った薬味セットを買って、かけるソースはポンズだったかな? 確か家にあった気が。
帰り道フトそういえばあの薬味セット、しその葉が入っていなかったような、、と思い出した。すると近所のお花屋さんで苗が100円。 ひとつ持って店内に入ると大好きなシャクヤクが。
昨日渋谷で2本500円で迷った末に買わなかったけど、ここでは1本200円でしかも花が大きくて淡いピンクが上品。 5本買ったら1本ただでくれた。 ラッキー!
c0102268_21381374.jpg
かつおの外側をフライパンで焼いて冷水に浸けて冷やしスライスしてると「スゴイ臭うんだけど、もしかして食べれないかも・・」とアモ。「薬味と食べれば匂いしないよ。」と言っても疑惑の目。
薬味をたっぷりのせてポンズ(しゃぶしゃぶ用だったけど・・)をかけて食べさせると「おいしい!」とっても気に入ったらしい。
c0102268_21434767.jpg
イタリア人は食に関してかなりコンサバ。 疑わしきものは絶対に食べない。アモの家族は日本に来て日本食を食べることはなかった。。
アモも昔は「食べないもの」が沢山あったけど最近は私以上に何でも食べるから逆にシンパイに(笑)

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-19 21:45 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
新しいメガネをZoffで作りました! 今回は赤のフレーム◇◆◇
c0102268_2252162.jpg
Zoffのメガネは二個目。 前回はゴールドでこれもとってもお気に入りだったけど、アモが「赤いのがいいなー」と言っていたから今度は赤! これでレンズつけて5000円。
前回は違う店舗で作ったけど、データーがちゃんと残っていたから測定無しで30分で出来上がった♪ 待ってる間に生地屋さんにガーデンテーブルにかけるビニールの布を買いに行き、このブルーの水玉柄をお買い上げ。黄緑が可愛いかったけど品切れ。 また今度買いに来よっ。 ついでに目に止まった花柄の布も普段用のテーブルクロス用に購入。
c0102268_2254659.jpg
メガネを受け取りコールドストーンのショップの前を通るとあんまり待ってる人がいない。
で、次の瞬間並んでた(笑) いつものストロベリーとバナナのランデブー。
c0102268_22545069.jpg
これで500円。 一人でカウンターにいたらいきなり店員さん達がランデブーソングを歌い始めてかなり赤面!でもオイシイからいっか。

家に帰ると「カリーニ!!」(イタリア語でカワイイの意味)とアモ。
「チョットコッチキテ!」と洗面台の鏡の前まで連れていかれ、「すごく似合ってるよ。これからはメガネにしなよー」 でもレンズのほうが楽なんだよね。
「青も良かったよ!」と言うと「そうだねー、青もいいね。」とアモ。すかさず「プレゼントしてくれる?」(←作戦成功!)
忘れないうちにメガネ作りに連れていかないと!

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-18 23:00 | ショップ | Trackback | Comments(0)

ひさしぶりの整形外科へ

今朝は2日前から気になっていた左手首あたりに出来たこぶのようなしこりを診てもらいに病院に行ってきた。 どしゃぶりの雨にも関わらずすごい人で、9時半に受付して診察が終わったのは12時半。。 
診断結果は「ガングリオン」。 ゼリー状のものが溜まって硬くなったものらしい。
結構なる人が多いらしく先生も、看護婦さんも(しかも2回も!)できたと言っていた。
良性の腫瘍だとはいうものの「せっかく病院に来たし取りましょう。」という先生のお言葉で注射の針を手の甲のこぶに刺すと本当にゼリーみたいなものが出てきた。 そして手はすっかり平らになった。 注射は思ったより痛くなかったものの、その後更に押し出すために思いっきりその上を押されて、これが激痛。 夜になった今でもまだ痛い(涙) でも手術じゃなくて一安心。

ここの整形外科はアモが2年前に手を骨折した時に来て以来。
日本語が話せないし、初めての診察の時には私も一緒に行った。 しかし、こんな大病院に来たことがなかった私はオロオロ。 そして整形外科の待合室に行くと、なんだか違和感。
するとアモが「あっ!!ここ婦人科!!」。 確かに壁はピンクで待っているのは女性だけ。
整形外科はお隣。。 英語の表記がなかったら私達は全く気づかずに婦人科で待ち続けるところだった。 すっかりアモの信用を無くしたのでした。  

今日は会社をアモと一緒に出ることが出来た。 一緒に帰るときは大抵アモが「刀削麺食べていく?」と言い出し外で夕食を済ませる。 今日も案の定そうなった。
ここの温野菜ときのこの刀削麺はアモの大のお気に入り。 野菜がたくさん入っていてとってもおいしい。
c0102268_1311940.jpg
更にいつも通りエビのシュウマイと杏仁豆腐。
ここのランチセットはとってもお得で、サラダ、エビシュウマイ2個、刀削麺、デザートがついて880円。 ランチ時には行列ができるのも納得。

最近先週の金曜日にIKEAで買ったガーデンテーブル&チェアーが大活躍。
寝る前に目の前の夜景を見ながらお茶してリラックス。 楽しい団欒のひと時になっている。
今日はアモがジョギングから帰ってきたらビールを一杯。の予定♪
  
[PR]
# by mogliettina | 2007-05-17 22:10 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)
毎年4月頃になると出回るバジルの苗。 今年買った4苗もすくすく育っている。
c0102268_21412085.jpg
葉っぱがわさわさしてきので収穫してジェノベーゼソースを作った。 
そしてこのソースを使って我が家自慢のエビとホタテのジェノベーゼパスタ♪
c0102268_21405214.jpg
ジェノベーゼソース

[材料]

バジル
にんにく
松の実
すりおろしたパルメザンチーズ

オリーブオイル

[作り方]

フードプロセッサーににんにくをいれて数回回し細かくなたら洗ってよく乾かしたバジルの葉を入れて更に回す。 松の実を入れてフードプロセッサーを回しパルメザンチーズを加える。
c0102268_21581212.jpg
オリーブオイルと塩を入れて数回回したら完成!
c0102268_21582259.jpg
保存する場合は容器に移したらソースをカバーするようにオリーブオイルを上からかけてから冷凍庫に入れる。

ホタテとエビのジェノベーゼのパスタ

[材料]

エビ
ホタテ
ジェノベーゼソース

白ワインもしくは酒
小麦粉
オリーブオイル
にんにく
乾燥唐辛子
リングイーネもしくはスパゲッティー

[作り方]

エビは殻と背わたを取って2,3等分にし、ホタテは厚さを半分にしてから4等分に切って水気をふき取ってから小麦粉をまぶしておく。

フライパンにオリーブオイル、にんにく、乾燥唐辛子を入れて熱し、香りが立ったらエビを入れて炒め、ホタテも加えて炒める。
白ワインか酒をふり、アルコールが飛んだらジェノベーゼソースを加えてよく混ぜ合わせる。
c0102268_2281454.jpg
茹でたパスタを加えてよく混ぜたら出来上がり。

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-16 22:11 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)

自家製ティラミス

イタリアのデザートと言えば定番のティラミス。
c0102268_2136482.jpg
結構簡単に作れるしイタリアン!って感じがするからお客さんを招いた時にたまに作る。
今回はコーヒーにラム酒を投入してちょっと大人の感じ。

いつもティラミスを作る時に使う器をラザニアに使ったので同じお皿をもう一つ買ってきたつもりがサイズを間違えて大きすぎ。。 で、急きょ家にあったパウンドケーキの型を使用。

材料

マスカルポーネチーズ 1パック (250g)
ビスケット (森永のマリーを使用) 2箱
砂糖 50g
卵3個 (卵黄と卵白に分けておく)

エスプレッソ 3人分のマシーンで2、3回分
ラム酒 適量

ブラックカカオパウダー (なければ普通のココアでも可)
板チョコレート (写真のように細かく砕く)

作り方

1. 卵黄と砂糖をボールに入れてよくかき混ぜマスカルポーネを入れる。
c0102268_2138378.jpg
2. 卵白を泡立ててメレンゲを作ったら1のボールに入れてゴムべらで混ぜる。
3. 器に2の生地を少し引き、ラムを入れたコーヒーに少し浸したクッキーを敷き詰める。 生地とクッキーを交互に重ねていき生地が一番上になるようにする。
c0102268_21391031.jpg
*クッキーをコーヒーに浸しすぎると崩れやすいので軽く浸す程度。
4. 3の上にブラックカカオをまんべんなくふりかけて砕いたチョコレートをのせて完成。 冷蔵庫で冷やす。

去年の夏、ローマのアモのアパートで15人くらいアモの友達を呼んで結婚パーティーを兼ねたディナーをした時に友達がローマで一番おいしいというティラミスを持ってきてくた。 これは本当~においしかった。

今回はクッキーの量がちょっと多すぎて、もう少し生地を多めに挟んだほうが良かったみたい。 柔らかいと取り分ける時に崩れやすいので今回は前夜に作って冷凍庫に入れておき、食べる30分くらい前に取り出した。 
凍ってはいなくて、でも少し固まってる感じで簡単にきれいに取り出せた。 この方法はおすすめ!

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-15 21:45 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)

大好き、ラザニア☆★☆

大好きなラザニア。
かなりヘビーな一品なのでうちでは「Bomba」=爆弾と呼んでいます(笑)
これもまた前日に用意しておけるからおもてなしには便利。  
このラザニアを食べてからというものレストランで食べるラザニアで満足できなくなったくらい絶品!
ポイントはアツアツになるまでよく焼くこと。そのほうが断然おいしい。
c0102268_21192560.jpg
(ゴメンナサイ、写真がイマイチ。。)

材料

ラグー(ミートソース)
ひき肉
裏ごししたトマトソースもしくはトマト缶
水 1カップ
エシャロット 1個(なければたまねぎ)
にんじん 1/2本
セロリ 少々
オリーブオイル


ラザニアのパスタ
生クリーム 100cc
ピザ用チーズ

作り方

まずラグーを作る。 
エシャロットを半分に切って薄切りにし鍋にオリーブオイルを入れて炒め、透き通ってきたらひき肉入れて炒める。 細かく切ったセロリを加えて炒めトマトソースと水を入れる。
写真のように大きめに切ったニンジンを加えて塩で味を調えて煮込む。
c0102268_21132194.jpg
ラグーが出来たら耐熱皿の底に生クリームを少し垂らして伸ばし茹でたラザニア用パスタを敷きその上にラグーを伸ばす。
c0102268_21161149.jpg
チーズをのせて、生クリームをかける。 好みの厚さになるまで生クリーム→パスタ→ラグー→チーズの順に重ねていき最後は下の写真のように生クリームで終わる。
c0102268_2117911.jpg
180度のオーブンで40分位焼く。

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-14 21:44 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(2)
今日はアモが一緒に仕事しているアイルランド人のおじちゃんとスウェーデン人の二人を ディナーに招待。
朝から家の掃除したりスーパーに買い出しに行ったりして忙しかったけど、金曜にイケアで買ったテーブルと椅子でビールを飲みながら玄関前で一息。
c0102268_1444145.jpg
やっぱり買って大正解! 梅雨時期になるまで活躍しそう♪

みんなは8時に到着。 なんとワインを4本も持って来てくれた。
今日のテーブルはこれまた金曜日にイケアで買った紺の花柄のクロス。
白いナプキンもついていたけど、今日はイケアの黄色のペーパーナプキンを合わせてアクセントに。
c0102268_11364035.jpg
今日のメニューは前菜がブルスケッタ(トマト、バジル、ニンニクのみじん切りにオリーブオイルをかけたもの)、オリーブ、ポルチニのパテ、今日焼いた天然酵母のフランスパン、この前イタリアの料理雑誌で学んだナスと生ハムのロール巻き。
そしてパスタがベランダのバジルで作った自家製ジェノベーゼソースを使ったホタテと海老のジェノベーゼとラザニア。
そしてサラダでドルチェが昨日準備したティラミスとエスプレッソ。 更にタマゴ型のチョコレートにミルト、お茶、と、、、
あー、お腹一杯!

ちゃんとおもてなししたのは久々で(クリスマス以来!)失敗せず全ての料理が出せるかちょっと心配だったけど、どれもおいしくて一安心。 もちろん今日のシェフはアモ。
イタリアンはみんな好きだからうちに人を招待する時は100%イタリアン。 今日は忙しくて写真を撮ってる時間はなかったけど、楽しい時間を過ごせてハッピー♡

アモは疲れ果てて既に就寝。 お疲れ様!

[PR]
# by mogliettina | 2007-05-13 00:00 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)