イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

2008年 01月 24日 ( 2 )

ZARAで

仕事後ZARAを通り抜けようと店内に入ると、遠くから「カリーナ!!(イタリア語でかわいいの意味)」と言う声が聞こえたので振り返ってみると、若いイタリア人の女の子とマンマらしき二人組みでした。 すらっと背の高くスタイルのいいその女の子は私の向かいにあったジャケットのところにマンマを連れて行き「カリーナ!」と興奮気味でした。 ローマにもZARAはありますが、このユーロ高。日本で買ったほうが安いかも。

「通り抜けるだけ」のつもりでしたがふと見た値札が先週よりも安くなっていたのでついついワンピースを買ってしまいました。
c0102268_22294660.jpg最近オシャレに気を抜きがちなので(反省)ちょっとはエレガントな格好もしないと。 アモにはしっかり見抜かれていて「最近口紅してないけど。。」とか、「その組み合わせ変」とかブツブツ言ってます。 ま、そう言ってくれる人がいるのも大事ですけどね。
残念ながらこのワンピはアモのタイプではありませんね、こういうフワフワ系で誉められたことがありません。 それでも気にせず自分の着たいものを着ます!

[PR]
by mogliettina | 2008-01-24 22:31 | ファッション | Trackback | Comments(0)
最近すっかりハマっているアンチョビチューブ。
今日は無農薬のほうれん草を買ってきたので平野由希子さんのレシピ、「アンチョビほうれん草 卵のせ」にしてみました♪
c0102268_21412442.jpg
ガーリックとアンチョビで香り付けしたオリーブオイルに洗ったほうれん草を入れてふたをして蒸すだけ。というル・クルーゼを使った簡単レシピ。 ほうれん草のうまみがぎゅっと閉じ込められて驚くほどほうれん草がおいしく頂けます。 
ほうれん草の上にのせたのはポーチドエッグ。 お酢を入れたお湯に卵を入れて作るのですがお酢を切らしてました。。 急きょ家にあった白ワインビネガーを代用しましたがちゃんとおいしく出来ました♪

日本ではほうれん草のおひたしなど、ほうれん草は歯ごたえが残るように茹でますが、イタリアではクタクタになるまでよ~く茹でます。 そしてアモは塩、オリーブオイル、レモンをかけて食べてます。
このアンチョビほうれん草は絶対に好きだと思うので、今度作ってあげよ。
ちなみに今日は私達の上司の号令で会社対抗のボーリング大会に参加中です。 (私は何とか逃れました~)

[PR]
by mogliettina | 2008-01-24 21:56 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)