イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

パスタで始まる恋

久々に去年の夏サルデニアで購入したエプロンをしてお料理。
このタイプの刺繍のものはサルデニアの特産品で毎年行く度に少しずつ買ってくる。
c0102268_3282288.jpg
マーケットでは機械で刺繍した安いものもあるけどちょっと高くてもやっぱり手刺繍のものがいい。 
c0102268_3293196.jpg
薄いブルーの生地に白い刺繍が爽やか!
お店には他にもクッションカバーやらクロスやらいろいろある。
去年は結婚したこともあって奮発してテーブルクロス&ナプキンのセットを購入。白地の麻にブルーの糸で刺繍してあってとってもきれい。
でも汚れたら、、と思うとなかなか使えない。 結局アモがこの前イタリアに出張したときイタリアのお家に持っていってしまった。。 ママもテーブルクロスにはもったいないからカーテンにしたら?と言う。 それもいいかな~!

今日は朝予約していた美容院でカットとヘッドスパ! ここはすべてAVEDAの製品を使っているのだけどヘッドスパが最高に気持ちよくて幸せ。 コテでくるくる巻き髪にしてもらい仕上がりもいつも通り大満足。 カット中雑誌を読んでいるとおうちご飯特集のところでイタリアンの料理があり、下のほうに「イタリアでは『僕のパスタを食べにこない?』というのが恋の始まりの合言葉。」と書いてある。 あっ! この誘い文句、アモが一番初めにデートしたときに言った言葉だ!
食べ物に釣られたわけじゃないけどこのときアモが作ってくれたペスカトーラ (イタリアではシーフードのパスタは「ペスカトーラ」と言う。日本でよくメニューに書いてある「ペスカトーレ」はイタリア語で「釣り人」の意味。。)はとってもおいしくて感動したのを今でも覚えている。 
確かに恋は始まったかな。

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-17 00:00 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)

えっ、ジロラモ??

アモが大阪から帰ってきた。 
大阪どうだった?と聞くと電車に乗ってたら女の子二人がアモを見て『ジロラモ』と言って笑ってたとの事。 えっ、ジロラモ? 全く似てないですけど。(絶句)

お願いしておいた551蓬莱の豚まんと焼売をちゃんと買ってきた。
さっそく食べると肉がふわふわでおいしい~! 
c0102268_21384810.jpg
c0102268_2139359.jpg


そして「冷蔵庫にチョコレートが4個入ってたよ。 4個あったから2個食べちゃった!」
えー! それは昨日お友達からもらって、でもアモと一緒に食べようと思って食べずに取っておいたチョコじゃん!! ひどーい(涙) 

今日はとっても天気が良かったのでランチの時間に近くの公園に梅の花を見に行ってきた。
歩くと梅の甘い香りがかすかにする。 ちょうど見ごろでとってもきれい!
c0102268_21563661.jpg

春は一歩一歩近づいてる♪

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-15 22:04 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

バレンタイン2007

この前初挑戦した天然酵母のパン作り。 昨日さらにレシピ本二冊をAmazonで購入すると早速今日届いた!今回は私が使用しているホシノ天然酵母を使っている「天然酵母のおいしいパン」と「素朴がおいしい、天然酵母のパン」。 作り方も分かり易く説明されているし写真もきれいで見ているだけで楽しい♪

今日の夜はセミナーがあって仕事後東京駅に向かった。 セミナー前に軽く食事でもと目にとまったベーグルのレストラン、JUNOESQUE BAGEL CAFE(ジュノエスク ベーグルカフェ)。 周りの人に運ばれてきたサラダセットもおいしそうだったけど私はクラムチャウダーのスープにベーグルとディップが選べるセットにしてみた。
大きい白いお皿の上にボールに入ったスープとベーグル、クリームチーズ。 見た目にもおしゃれでスープもベーグルもとってもおいしかった! 今度天然酵母でベーグルを作ったらこんな感じにしてみよっと。

バレンタインの今日、アモは泊りで大阪出張。 
夜、電話で「今日ね、六本木ヒルズで外人の男の子と歩いてた日本人の女の子が大きいピンクのバラの花束持って歩いてたよ。 いいな~。」と言ってたらアモが不機嫌に。。

お友達からチョコを頂きました。 ブラウンの箱にオレンジのリボンが素敵。
c0102268_23135010.jpg
開けてみると可愛いチョコが!
c0102268_231556100.jpg
明日アモと一緒に頂きます。 ありがとう!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-14 23:22 | イベント | Trackback | Comments(0)

結婚指輪

そういえば結婚指輪を二人で買いに行ったのは去年の先週末、2月11日だったことを思い出した。 結婚しようと決めたのが1月、そして2月の私の誕生日プレゼントがこの結婚指輪。イタリアではゴールドの指輪が多いけど私達はプラチナにし、しかも私のはエタニティー。 この時はまだ式の日取りが決まっていなくて指輪の裏側への刻印はまた後日ということで家に持ち帰ったのでした。
c0102268_21395967.jpg
とはいうものの式は4月。アモ曰く、指輪は両親の前で開けるのが習慣とのことで指輪を買ってからの2ヶ月間、箱を開ける事は許されず。 
それなのに式当日、私達二人は先に会場入り。 式場の人に「指輪は箱から出しておいてくださいね。」と言われて結局私が控え室で一人でリボンをほどいて開けたのでした。。

式後アモの家族に二人で指輪を見せると、「あれっ、なんでデザインが違うの?」 しばしの沈黙。 イタリアでは結婚指輪は同じデザインと決まっているらしい。

式が終わってアモ、アモのママ、そして私の三人はタクシーでカフェに移動。
するとアモが「あれっ!! 指輪がない!!」 式が終わって30分しかたってないのにそんなことって!?!?と驚くママと私。 慌てるアモ。 でもママは冷静に言った。「ポケットの中に入ってないの? さっき手を入れたけど。」 アモがポケットに手を入れると・・・「あった!」 さすがママ。 どうもアモの指輪が大きいと思ってたけど後日お店にお直しに持っていくとなんと2サイズも大きかった。。 
 
後日アモの家族がうちに来て棚に置いてある指輪を見て「結婚指輪外してるの?」と驚く。 イタリアでは結婚指輪はつけたままらしい。 私は家に帰ると全てのアクセサリーをまず外すのが習慣。 家で指輪はしたくない。 でも私達は国際結婚。 デザインが違う指輪と同様「日本ではそれが普通。」と言うと丸く収まる。 なんて便利な国際結婚♪ そういえば婚約指輪を買ってもらうときも「指輪より他のもの買ったほうがいいんじゃない?」と言うアモに「日本では婚約指輪をもらわないと結婚できないっていうルールがあるんだよ。」と言って買わせた(笑)。 さすがに本人もそんなはずはないだろうと分かってたみたいだけど!

結局一年たつけどまだ刻印はしていない。 早くお店に持っていかないと!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-13 22:15 | イベント | Trackback | Comments(0)
体調がイマイチの私のためにアモが作ってくれたRisotto alle verdure(野菜のリゾット)。
c0102268_2161332.jpg

何でアモが作るリゾットは私のよりおいしいんだろう。と思ってたけどよく見ていたらなんと手順に違いがあった!
エシャロットをオリーブオイルで炒めた後、トマトソースをを入れるアモ。
「私が作る時はエシャロットを炒めた後冷凍野菜を入れてからトマソーストと水を入れるよ。」と言うと「こうしてエシャロットの味をトマトソースに移したほうがスープがおいしくなる。」とアモ。
なるほど~!! だからアモのリゾットはおいしいんだ!

さて、昨日焼いた初挑戦の天然酵母のパン。 結果は・・
c0102268_20561723.jpg
ちゃんと膨らんでパンらしいものが出来た! まだまだ改善の余地はあるけど初挑戦にしては大満足。外はパリッと、中はモチモチ♡ ライ麦が香ばしくておいしい。

私が必死にパンを仕込んでいると、アモが「そんなに時間かけて手にマメまで作って(痛い。。)パンなんて買ったほうが安くておいしいよ。」と白い目で見ていてた。 しかしパンが焼きあがると真っ先に食べて「おいしい!」と一言。 朝も起きるとすぐに「パン食べよ!」
更にはパンの本を見て、今度はこれがいいなー。とか言ってる。 かなり気に入ったらしい。

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-12 21:26 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
朝起きると青空。 アモが今日何する?と言うので「いろんなチョコレートがタダでたくさん食べれるところ行きたい?」と聞くとアモが目を輝かせる。それは昨日行った「新宿高島屋」。
大のデパ地下好きのアモ。そしてチョコレートが大好き。そんなアモが行かないはずがない。

新宿に着くとまずは三丁目の通りで大道芸をを見ながら散歩。
そして伊勢丹の前に来ると「もしかしたらここにもいっぱいチョコがあるかもよ。」と地下に行ってみる。 しかし! 試食チョコを出してるお店がない。。 さっさと伊勢丹を後にし高島屋に向かう。 するとほとんどのお店が試食チョコをくれる。 ゴディバも他のお店も気前よくくれる。 いろんなタイプのチョコが食べれて大喜びのアモ。
いろいろ吟味した結果、アモが一番おいしかったと購入に至ったのはこちらの小樽のチョコ、LeTAO
c0102268_22311623.jpg
三角の形のこの生チョコはほんのり紅茶の味で香りがとってもいい。

次に気に入ったのは京都の中村藤吉本店の生チョコの抹茶味。
このお店は私も昨日来た時気に入ってミルクチョコ味とほうじ茶の二種類を購入済み。
結局世界各国のいろいろなチョコがあったけど私達が気に入ったのは日本のチョコだった。

ちなみにアモにイタリアのバレンタイン事情を聞いてみた。 ヴァレンタイン発祥のイタリアではカップルで食事に行くとの事。 「男の人が女の人にチョコ渡すんでしょ?」と聞くとそうだと言う。「あとさー、花束も渡すんだよね?」と聞くと「そうだねー。」とアモ。 「じゃ、アモは私にチョコとお花をくれるんだよね? 今までもらった事ないけど。」と聞くと「だってここは日本だから日本式にアモーレが僕にチョコとプレゼントをくれるんだよ!」と力説する。 「アモの妹ちゃんの彼はさー、絶対に大きな花束とプレゼントを渡すよね。 いいな~。」と言うと「そんなの初めの頃だけだよ。」とアモ。 
あーあ、やっぱり相手間違えちゃったかな。

家に帰って食事して食後に早速中村藤吉本店のミルクチョコを食べる。
c0102268_23103955.jpg
やっぱりおいしい♡

昨日仕込んだ天然酵母を使ったライ麦カンパーニュパンの一次発酵がそろそろ終了。
昨日と比べると2倍くらいにふくらんでる! そろそろ作業に入らないと。
うまく焼けますように(祈)

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-11 23:11 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

イタリアのチョコレート

アモは休日出勤だったから今日は一人で新宿のクオカに天然酵母のパン作りに初挑戦するためのお買い物に行って来た。高島屋に着くと「新宿高島屋と言えば鼎泰豊。」とまずは腹ごしらえ。 ここの小籠包は何度食べてもやっぱりおいしい。
さて、お腹も一杯になったところで地下のクオカに、、、と思ったらバレンタイン特設会場がエレベーターの前に広がってる。 「今年はどんなチョコが出てるのかな?」と思って会場をのぞいてみるとどれもこれもおいしそう。 そしてグランドハイアットのフィオレンティーナで見て前から気になっていたイタリアのチョコを発見。 もらった試食のチョコを食べてみるとかなり甘いけど濃厚でミルクチョコを買ってみた。 カファレルという1826年トリノで創立したメーカーらしい。
c0102268_19361171.jpg
箱の缶もチョコを持ったおじさんの絵が可愛い。
c0102268_19382494.jpg
中身はこんな感じ。
c0102268_19372558.jpg
私がローマに行くといつもローマのスーパーで買うのはPeruginaのチョコ。 
c0102268_20132566.jpg
ここのメーカーはBACIというチョコで有名だけど私が買うのは今回のカファレルと同じ形のこのタイプで500g入りが確か10ユーロ位だった気がする。

チョコも買ったし、さあ地下へと思って探してみるとお店がない。 携帯のYahooでお店を検索してみると高島屋でなく三越だった。。。
無事三越でパンの材料やら道具を購入して帰宅。 あー、疲れた。

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-10 20:23 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)
今日は先日の私の誕生日のお祝いで六本木ヒルズのサルバトーレ クオモでアモとディナー。 去年の大晦日に行ってアモがとても気に入ったイタリア人太鼓判のレストラン。

まずはプロセッコ(スパークリングワイン)で乾杯してAntipasto(前菜)は生ハムとサラミの盛り合わせ。 そしてパンがやってくる。 ここのパンは温かくてとってもおいしいく何度もおかわり。 そしてアモはクアトロフォルマッジのピザ。
c0102268_0513093.jpg
私は前回と同じくムール貝とアサリの地中海風ニョッキ。 
c0102268_0515434.jpg
アモのピザをふた口味見してみるとピザもとってもおいしい! メインも注文しようと思ってたけどここでお腹いっぱい。 
白ワインもボトル一本開けてアモは完全に酔っ払い。。

それでもドルチェは別腹。
アモはアイスにコーヒーを掛けたGelato Affogato。 Affogatoはイタリア語で「溺れた」という意味。アイスがコーヒーに溺れてるようというところから来てるらしい。 普通はバニラアイスだけど今日はカッサータというシチリアのアイス。 中にナッツが入ってておいしい。
c0102268_0581548.jpg
私はイチゴのジェラート。
c0102268_0574449.jpg
うーん、幸せ☆ 

ちなみにプレゼントはアモからセオリーのスーツ。
私の両親からはバラの花束。
c0102268_1182413.jpg
そしてお友達からはイタリアのブランドAntos Cosmesiのハンドクリームと前から試してみたかったSK-Ⅱのパック。
c0102268_126996.jpg
アモの家族からはMax&CoのT-シャツ、MaxMaraのタイツとベルト(1月17日参照)を頂きました。  みんなありがとう!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-09 00:00 | イベント | Trackback | Comments(0)
去年も行った東京ドームで開催中のテーブルウェア・フェスティバルに行って来た。
昨日金券ショップでチケットを買おうと2件回ったけど既に売り切れ。 仕方なく当日券を買おうとチケット売り場で並んでいると一人のご婦人が「もしこれからチケット買うならこの券どうぞ。」と招待券の一枚をくれた。という嘘のような本当の話。 ご婦人に感謝!

というわけで中に入ると圧巻。
c0102268_1103350.jpg
コペンハーゲンコーナーを通りヴェネツィアガラスコーナー。 パスクア(イタリア語でイースター)のセッティングはまさに芸術。
c0102268_10462451.jpg
そしていよいよテーブルセッティング&コーディネート部門エリアへ。 すごーい!テーブルセッティングはさすがプロがセッティングしただけあって洗練されてる。 コーディネート部門はアイディア満載。 いろんなテーマがあってとっても参考になる。

今年の私の一番のお気に入りはこちら。
c0102268_1112128.jpg
この色づかい、そしてフラワーアレンジ。 小物使いもとっても素敵。
c0102268_1115175.jpg
全くタイプは違うけどこちらのコーディネートもお気に入り。
c0102268_1123178.jpg
黒で高級感溢れる食器に黄色のフラワーがアクセントになっていてとても華やか。
c0102268_1142322.jpg
コーディネート部門でのお気に入りNo.1はこちら。 こんなテーブルでお花見パーティーしてみたい!
c0102268_1145313.jpg
外人に喜ばれそうなのはザ・ジャパンなこんなコーディネートかな。
c0102268_115334.jpg
どれもとっても素敵だけどなかなか手持ちの食器では難しい。 うちでも出来そうな感じだとこんな感じかな?
c0102268_1154923.jpg
こちらも頑張ればもしかして!
c0102268_1161661.jpg
イタリアンの食卓だとこんなアイディアもおもしろい!
c0102268_1164338.jpg

アモと一緒に暮らすようになってからお友達を招いてのランチやディナーがかなりの頻度。
季節に合わせていろいろ工夫をこらしてるけど今日はたくさんのヒントを得た。
よーし、次に誰かを招待する時は頑張るぞっ!
[PR]
# by mogliettina | 2007-02-08 22:28 | イベント | Trackback | Comments(0)
家に着いてポストを開けるとローマからの封筒。 差出人のところにはアモの苗字が書いてある。 開けてみるとスペイン広場の絵が書いてあるきれいなカード。
c0102268_22522586.jpg
中を開けてみると、、、うーん、 読めない。。 「Un Caro ... e un ... per i vostri ... auguri.」
Zii... , ....., ...  Ziiは「叔父・叔母」だからアモの親戚からか。 アモと同じ苗字だと可能性は2つ。 (アモのパパは3人兄弟) あっ、 分かった! 去年クリスマスカードを出したからそのお返しにグリーティングカードかな?と勝手に想像してみる。
イタリア人って意外と(?)義理堅い人たちで、カードを送ったりプレゼントを渡したりすると必ずお返しをくれる。 誰か経由でプレゼントをもらったらすぐにお礼の電話をするとか日本人とちょっと似てる。

今日は上司と去年の年始に立てた業務目標に入っていた秘書トレーニングをまだとっていなかったことに気づいて慌てて夕方HPで探し始めた。 すると今夜行われるセミナーを発見して急いで申し込みをして参加してきた。

講師の方がイタリア人の社長に10年ほど就いていたとのことで、奥さんの大和撫子的な行動に日本人と似てるなと思ったと言っていた。 イタリア女性は強そうなイメージだけどアモのママを見てると日本の奥さんのように(それ以上に)家事を一人でこなしてだんなさんであるアモのパパや二人の子供に至れり尽くせり。 アモと一緒にいても常識的な感覚とかは私と似てたりする。 よく結婚する人の条件に「価値観が似てる人」というのが挙がるけどそれってやっぱりとっても大事だなーと結婚してからよく思う。 育った国が違くてもあまり違和感を感じないのは「価値観が似てる」というのが大きい気がする。
[PR]
# by mogliettina | 2007-02-07 23:31 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)