イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

初詣

今日はアモと明治神宮に初詣。
去年ここで結婚式を挙げたのがずっと昔の事のよう。
あの時は朝大雨だったせいで(式直前に止んでよかった!)人影もまばらで神聖な
感じだったけど今日はすごい人。 

本殿にたどり着くのに2~30分待ち。
c0102268_18431325.jpg
お参りが終わっておみくじ。 出たのは、
c0102268_1855432.jpg
(八)。

今年の大御心は、
「日に三度身をかへりみしいにしへの人のこころにならひてしがな」

昔、曾子という人は「人のために忠実か」、「友と交わって信実か」、「修養を怠っていないか」と毎日三度、わが身を反省しました。 これが向上進歩の基となります。 との事。

それにしても今年初めてこのおみくじを入れるケースがあることを発見。
おみくじを頂く時にお願いすると頂けるんですね。

今年もみんなが幸せな一年でありますように。
[PR]
# by mogliettina | 2007-01-03 18:58 | イベント | Trackback | Comments(0)

一般参賀

年末のシンガポール旅行をキャンセル(涙)した時から「1月2日は天皇に会いに行くよ!」と大張り切りだったアモ。 入り口で国旗をもらって13時半の回に到着。
c0102268_18512326.jpg
「あれっ、bambino(赤ちゃん)がいない!!」と悠仁さまがいなくてがっかりするアモ。
一般参賀はまだちょっと早いだろう。。。
周りで「天皇陛下万歳!」と声があがると「バンザイ? バンザイってマンガあったよ。」
マンガ!?!? そういえばイタリアでは2年前くらいに釣り吉三平とかテレビで放送してたな。アモの子供の頃のお気に入りはルパンだたらしい。
 
そのまま竹橋まで歩いてから銀座まで歩く。銀座のデパートは福袋やセールですごい人。
アモの大好きなじゃんがらラーメン食べて帰宅。
[PR]
# by mogliettina | 2007-01-02 19:04 | イベント | Trackback | Comments(0)

正月

今日は私の実家で一家集合。
初めて自分で着物を着てみる。 が、帯に大苦戦。
アモに手伝ってもらってようやくお太鼓完成。(でもちょっと曲がってる、、)
c0102268_18304126.jpg
着物は打ち出の小槌柄、帯は宝船で正月っぽく。
それにしても苦しー。

今日の甥っ子はちょっとご機嫌ななめ。
この前はおとなしかったけど今日は泣く、泣く、泣く。
でも泣いてもかわいいんだよね。 
c0102268_18361899.jpg
私達のクリスマスプレゼントのアルマーニのベビー服、9ヶ月用のだったのにもうすぐ6ヶ月の甥っ子はもう着れてる。

弟嫁のご両親から送られてきたトロのさしみや鯛の塩焼き(さすが寿司屋)、
我が家のおせちにしゃぶしゃぶ。 あー、よく食べた!
おせちの苦手なアモも大満足☆
[PR]
# by mogliettina | 2007-01-01 00:00 | イベント | Trackback | Comments(0)

大みそか

朝もまだ37度の熱があるアモ。
今日のディナーはキャンセルかな・・、と思っていたら午後になって熱が下がったので
夕方慌ててレストランを予約。 
冷えて再び熱が出ないように近場でヒルズのサルバトーレ クオモに決定。 

まずは乾杯のスプマンテ。
そしてアンティパスト。 生ハムとサラミおいし~!
c0102268_9542669.jpg

続いてアモはカプレーゼ(生ハム、モッツアレラ、ルッコラ、トマト)のピザ、そして私はムール貝とあさりのニョッキ。
イタリアではピザもパスタも一人一皿で「取り分け」ってありえないことらしい。なぜならその間に冷めてしまうから。 でもここは日本。 まずピザが来て取り分けのお皿をくれたのでアモのピザをちょっと味見。 このナポリ風ピザ生地のもちもち感。 パルテノペといい勝負!

ピザを食べ終えるとニョッキが2皿に分けて到着。(やっぱりシェアすると思ってたんだ。)
見た目もきれいでしかもおいしい!
しかもピザもそうだったけどちゃんとお皿も温めてあるのでパスタがアツアツでおいしさが倍増。

ここでお腹一杯になってメインはスキップ。
アモはドルチェのパンナコッタ、私は食後酒のリモンチェッロ。
パンナコッタもおいし!
c0102268_106633.jpg

このあと西麻布のクラブに行こうと計画してたけどアモの体調がイマイチなのでここで帰宅。
ケヤキ坂はシーンとして人影もまばら。
c0102268_1073694.jpg

0時になってこの前弟夫婦からもらったシャンパンを開けて乾杯。
今年もいい年になりますように(祈) 
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-31 00:00 | レストラン | Trackback | Comments(0)

ミネストローネ

今日も熱が下がらず一日中寝たきりのアモ。
夜ご飯はアモのリクエストで体が温まるミネストローネ(野菜入りのスープ)

c0102268_2122361.jpg

作り方は簡単。
エシャロットを薄切りし(なければたまねぎをみじん切り)オリーブオイルで少し炒めたら冷凍洋風野菜ミックス(ブロッコリー、アスパラとかが入ってるもの)、マッシュルームを入れて裏ごししたトマト、水、コンソメを1つ入れて煮込むだけ。
c0102268_10423095.jpg

病気のアモはこのままで、元気な私はショートパスタのオレッキエッテを入れる。
お米を入れてリゾットにしてもおいしい。

食べる直前におろしたパルメザンチーズをかけて好みで一味をふれば出来上がり。
パルメザンチーズが溶けてなんとも言えないおいしさ!

イタリア料理でよくトマトのホール缶を使ってるのをみるけどアモのマンマは裏ごししたトマトを使う。 つぶさなくていいし、硬い芯が残ったりしないからこっちのほうが私も好き。値段も一瓶100円から250円くらい。
c0102268_2125338.jpg


明日は大晦日。 アモが回復することを祈って。 
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-30 21:36 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)

ヨーグルト?

先月出張でローマに帰ったアモ。
ママがくれたこれは一体何でしょう。
c0102268_11511498.jpg

しばらく考える私。 牛乳っぽい容器にさくらんぼうの絵。
上にはContiene Yogurtene(ヨーグルト成分配合)、真ん中にはCiliegia
(さくらんぼう)、と書いてある。
そしてLATTE CORPO。 これはボディーミルクなのです。
かわいい~。

この前ソニプラで1、890円で売ってるのを発見。
いろんな香りがあってサンプルの匂いをかいでみるといい匂い!

「本物そっくりのおいしい香りで、世界約30ヶ国で人気のイタリア発のボディケア。こちらはうるおいいと弾力のあるしっとり肌に仕上げるボディミルクです。浸透性に優れたミルクがお肌になじみ、しっとりうるおいに満ちた肌に仕上げます。ヨーグルト成分が肌に栄養を与え、ココグリセリルが薄い膜で肌を保護。本物そっくりのジューシーな香りが、ボディケアタイムを心地よく彩ります。 」ってウェブショップに説明書きが。

今日は大掃除で冷蔵庫、換気扇を掃除したから手がガサガサ(涙)
思い出してこのクリームを塗ってみるとあっという間に浸透してサラサラに。
そしてかなりチェリーの香り。

夕方から熱出して寝込んでるアモ。様子を見に行ってみると「何?この匂い。」
「ママからもらったクリームだよ、チェリーの。」
「いい匂い!」
えー、この前私がアメリカのチェリーのクリームしてたら「チューインガムの匂いがする。」
って嫌がってたのに。 これはママがくれたからねー。

ところでアモのママはきれい好き。
キッチンも常にピカピカで年末の大掃除なんてきっと必要ないだろうな~。 
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-29 00:00 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)

鎌倉散歩

天気がよかったから今日は久々の鎌倉。二人で行くのは初めて。
北鎌倉から歩いてまずは明月院。
c0102268_18461984.jpg

お花もきれいに飾ってある。
c0102268_18473775.jpg

c0102268_18481544.jpg

さらに歩いて建長寺。
c0102268_1850193.jpg

続いて鶴ヶ丘八幡宮。 お正月の準備が始まってる。
c0102268_185189.jpg

鎌倉駅を通り過ぎ、延々歩いて大仏到着。
c0102268_18522924.jpg

20円払って中に入ってみる。
暗くて狭い。 大仏を内側から触ってみるとポカポカ暖かい。

裏庭に回ってみるとあっ、リス!イタリア語ではScoiattolo(スコイアットロ)。
c0102268_18541454.jpg


だんだん寒くなってきてここで帰宅。
すっかり疲労して帰りの電車では二人でグッタリ。
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-28 18:44 | | Trackback | Comments(0)

ジノリ!

今年の夏、ローマでアモの親戚からの結婚祝いにジノリのベッキオホワイトのお皿を選んできた私達。もちろんお皿はローマのアパートに置いてきたけど、これから少しずついろいろなお皿を買い足していかないと。
と思っていたらWebで急須と茶碗があるのを発見。
その後たまたま銀座の松坂屋でセールになっている急須に遭遇して購入したものの
茶碗6客は見合わせ。
ところがクリスマス前にWebで半額になってるのを見つけて即購入。
アモに見つかったら怒られるから、、、よし!配達は26日の夜20~21時指定で。
これならアモはジムに行ってていないからバレない!

ところが、、、こういう日に限って大雨でアモはジムに行かない。 ドキドキ。
「ピン ポーン」とチャイムがなるとアモの眉間にしわが。。
「何?」 「えっとー、タッキュウビンが。」
(ちなみにアモは某クロネコ会社の車をみてネコを届ける車と思ってたらしい。)
「何買ったの?」 「え、、急須が半額だったから、、」
アモ無言。

早速開けてみる。 
c0102268_18038.jpg


この前買った急須は
c0102268_185383.jpg

イタリアでこの急須と茶碗でイタリア人をおもてなしする日はいつになるのか。
でも普通のイタリア人は緑茶をイマイチ好まないみたい。
「草」の味がするって。。 ま、確かに草か。
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-26 00:56 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)
イタリアのクリスマスに欠かせないのがパネットーネ。
パネットーネはミラノのクリスマス用のドーム型フルーツケーキ。
私達はドライフルーツの入っていないパンドーロ(ヴェローナのクリスマス用パンケーキ)
のほうが好きで先日丸ビルの明治屋で1980円購入。
最近スーパーでいろんなメーカーのものがあるけどBauliはイタリアでも人気らしい。
c0102268_0164289.jpg

箱を開けると袋に入ったパンドーロと粉砂糖の袋が入ってる。
袋を開けて粉砂糖をかける。

c0102268_0333256.jpg
袋の口を閉めて上下に数回振ると全体に粉砂糖がふりかかる。

c0102268_011216.jpg

スライスしてさらに粉砂糖を少し振り掛ければ出来上がり。
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-25 00:00 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)

クリスマスイブ

結婚して初めて迎えるクリスマス。
イブの今日は午前中アモはジムへ、私は美容院に行って午後二人で表参道に。
富士鳥居で前から買おうと思ってた桜の屏風を購入。
これから製作して出来上がるのは二ヵ月後。

「今日は食べ過ぎたから明日からダイエットだよ。」と昨日の夜から何度も言っていたアモ。 
なのに朝から「今日のディナー何にする?」ってディナーが気になって仕方ない様子。
昨日はチキンだったから今日はローストビーフに。
c0102268_036134.jpg

[レシピ]

材料
牛もも塊肉 (今日は300gのものを2個使用)
ローリエ
塩、こしょう、サラダ油

ソース
赤ワイン120CC
固形スープの素1個
小麦粉 小さじ2

c0102268_031738.jpg1.肉を常温でしばらく置いておき、キッチンペーパーで拭いてから塩、こしょうし、手で覆いながらすり込む。
フライパンに油を入れ熱してきたら肉を入れて表面に焼き色をつける。

c0102268_04937.jpg2.肉を取り出してアルミホイルの上に置きローリエを上において包み180度のオーブンで15分焼く。
竹串を中央に刺して引き抜き唇にあてて暖かくなるまで少しづつ時間を増やしていく。

c0102268_095577.jpg3.肉を焼いたフライパンに赤ワイン、固形スープの素を入れて煮、ふるった小麦粉を入れてとろみがついたらざるでこす。
肉が焼き上がったら30分くらいホイルに包んだまま室温で置いておく。
薄くスライスして食べる時にスープをかける。

今日は昨日の残りのポテトのピューレを添えてあとはサラダとパン。
そしてワインはキャンティの赤。
デザートは昨日両親から貰ったいちご。 あまおうは甘くておいし~。
食後酒にミルトを飲んで大満足だったアモ。 が、しばらくすると
「あー、甘いもの食べたいなー。 チョコレートとかないの??」
(ないよ、だってあると全部なくなるまで食べちゃうじゃん。。)
「ダイエットでしょ??」って聞くと「だって今日はクリスマスだしぃ。」と言い訳。
結局温めたパネットーネを一切れずつ食べる。
が! しばらくたつとまた「お腹すいちゃったなー。 何かないかなー?」と言い出す始末。
あのお、ダイエットは一体。。。
困った時のグロッグ。(スウェーデンの甘い温めるワイン。」
グロッグが出来てジンジャークッキーを試しに出してみると、
「あっ、ここに置かないで。いっぱい食べちゃうから!」といいつ2つ取って食べる。
ダイエットは明日から。かな?
[PR]
# by mogliettina | 2006-12-24 23:46 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)