イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

パンの朝食には・・

最近朝食はバゲット。 そのまま食べてももちろんおいしいけど先月コストコでnutellaというヘーゼルナッツ&チョコレートスプレットを買ってから毎日少量パンに塗って食べる。
でもさすがに一ヶ月間毎日食べてるとだんだん飽きてくるので昨日新たなコンフィチュールを購入した。 この丸の内のPatisserie Sadaharu AOKI Parisのバニラのコンフィチュールはバニラビーンズのつぶつぶが入っていて甘くておいしい。

c0102268_2252090.jpg
ランチョンマットは以前アモのママにプレゼントでもらったサルデニアのもの。スプーンを入れるポケットが付いていてとってもかわいい。 

パンを入れるバスケットはアモの妹ちゃんからの結婚祝いでALESSIのカクタスシリーズ。
c0102268_2224679.jpg

イタリア語ではこのパンを入れるバスケットをPortapane(ポルタパーネ)と呼ぶ。 Portaが「運ぶ」でPaneが「パン」。 これで「パンを運ぶ」バスケットになるのだ。

妹ちゃんからのプレゼントは自分たちが気に入ったものを選んで買って欲しいとのことでアモとアモのママ、私の三人でローマにある倉庫のように大きいお店に行って来た。 ここには世界各国の有名ブランドの食器が揃っていてしかもディスカウントがあるらしい。 イタリアでは結婚祝は結婚するカップルが欲しいもののリストを作ってその中から親戚・友人が自分の予算に合った物を選んでプレゼントするらしく、このお店にはそんなカップルが選んだ食器類を買いに来た人達がたくさんいた。 ALESSIも全品定価の10%OFFでこのポルタパーネとオイルや調味料を入れるセット、チーズ入れ、四角い入れ物(これはママが必要だというのでとりあえず買っておいたけどどう使うかがいまいちよく分からず。。)を一目見て気に入ったカクタスシリーズで揃えてもらった。 シンプルなのでどんなテーブルコーディネートにも合わせやすくて大活躍。 写真はまた今度~

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-22 23:00 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)

サーモンのパスタ♪

なんだかパスタ食べたいなーと思って今日はアモのマンマが日本に来たとき作ってくれたサーモンのパスタを作ってみた。 ローマではおいしいスモークサーモンはあまり売っていないらしく、日本のスモークサーモンはとてもおいしいと言っていた。 ナチュラルローソンで売ってるスモークサーモンが薄切りになっていてパスタにも使いやすいし余ったらクリームチーズと合わせてパンにのせてもおいしいしくて私のお気に入り。 

久々のサーモンのパスタ。 おいしい~。
c0102268_22585951.jpg
イタリアでは魚系のパスタにパルメザンチーズはかけないらしいけど私はパルメザンチーズのの香りが好きで気にせずかける。 

材料はスモークサーモン、エシャロット、牛乳、裏ごししたトマトソース、白ワインもしくはお酒、オリーブオイル、パスタ(今日はペンネ)。

作り方はエシャロットを半分に切って薄切りにしスモークサーモンも適当な大きさに切る。
c0102268_22531265.jpg
フライパンにオリーブオイルを入れてエシャロットを炒め透きとおってきたらワインかお酒を加えアルコール分を飛ばす。 牛乳を入れて少し煮たらトマトソースを加えて混ぜる。
サーモンを加えて更に少し煮る。
c0102268_2256993.jpg
茹で上がったパスタをソースに絡めたら出来上がり。

今日はアモがイタリアのサイトで日本のアニメソングを発見したらしく朝っぱらからアニメの主題歌を「マジンガーゼット!」とか「キャプテンハーロック!」とか踊りながら次々と歌って上機嫌。もちろん歌詞はイタリア語だけどメロディーは全く日本のものと違う。 子供の頃よく見てたとは言え未だによく覚えてるな~。 電車に乗っても「そういえばキャンディーキャンディーってどういう歌だったっけ?とかハイジは、、、」とか聞いてくるから結局私も通勤電車の中で歌うハメに。。朝の電車でアニメソングを二人で歌っている私たちを見て周りにいた人達は「バカな夫婦」と思ってたに違いない。  

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-21 23:16 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)

チョコレート大好き♡

先日NHKで放送していた「パリ 世界一のチョコレートの祭典」という番組。パリの天才ショコラティエと呼ばれているジャン・ポール・エヴァンの取材を見てチョコレートがこんなにも手間隙かけて材料にもこだわって作られているのかと感動。 そこで前から気になっていた丸の内のLA MAISON DU CHOCOLATというお店に行ってみた。 が、時期が悪くそれはバレンタインの前日でどうみても一時間はかかるだろうと思われる長蛇の列であきらめた。 そろそろ大丈夫だろうと仕事後再びお店に足を運んでみた。

ここはやはりテレビで見たようなショーケースに並べられたチョコレートの中から好きなものをひとつずつ選ぼう。 いろいろなのがあってどれもおいしそう。
悩んだ末にお買い上げしたのはこちらの4個。
c0102268_22184989.jpg
アモと一緒に食べようと思ったけどなかなか帰ってこないから待ちきれずにひとつ食べてみた。 香りがほわっと口に広がる。 幸せ~♡  どうしてチョコって人をこんなに幸せにするんだろう。

もともとチョコレートが大好きなアモと私。 バレンタイン前にCaffarelのチョコ10個入り1箱、京都のお茶やさんの生チョコ3箱、北海道の生チョコ1箱を買った。 けれど昨日ディナーが終わって「さっ、食後のチョコ。」とルンルンしながら棚に置いてあった最後のCaffarelの箱を開けると、、、なんと空だった。。 顔を隠すアモ。 結局5箱のチョコを約一週間で完食してしまった。
今度はアモの目の届かないところに隠しておかないと!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-20 22:48 | ショップ | Trackback | Comments(0)

イタリアとパン

久々にイタリアのアモのママと電話で会話。 と言っても同じ日本にいる自分の母親よりアモのママと話してる気が、、。 「便りがないのは元気な知らせ」という考えの家庭で育った私にはとても理解できないほどアモの家族は電話し合う。 そしてたまに私も電話に出ることに。 今日は会社を一緒に出たので帰り道にアモがママに電話。 昨日アモが電話したときに私がパン作りを始めたことは報告済みなので会話はパンのことに。 天然酵母はイタリア語で「Lievito naturale(リエーヴィト ナトゥラーレ)」。 パンは「Pane(パーネ)」。 味はおいしいけどまだ見た目がイマイチで、、とか話しているうちに家に到着。 ママに「パン作りする?」と聞くと「イタリアのパンはおいしいからお店で買う。」との事。ま、確かに作るのは時間かかるしね。 でも一度ママに私の焼きたてのパンを食べさせてあげたいなー。 それにはもうちょっと上達しなければ。

昨日作ったパンはこんな感じの仕上がり。
c0102268_2319404.jpg
塩を入れ忘れて一次発酵後に生地がアメーバーのようにベトベトになったりして格闘したけど、これでもマシになったほう。(3本目のバゲット) まだ写真を出せるレベルではないけど後々「初めはこんなだったけど、、」と上達を確認できるように記録に残すことに。

イタリアではパンをよく食べる。
プロッシュート(生ハム)やサラミを食べるときにはパンがなければならない(!)し、ブルスケッタにもおいしいパンは必需。 ビーチに行くときはパンの間にチーズやサラミをはさんだパニーノをランチに持っていく。 これがとってもおいしい!

さっ、頑張るぞ!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-19 23:45 | 天然酵母のパン作り | Trackback | Comments(0)
昨日の天気予報で午前中は雨との事だったから今日は二人で12時起き。
アモはプレゼン資料作成後髪を切りに出かけ、私はパンを焼き終わって昨日美容院で読んだ雑誌を買いにコンビに。 ミラネーゼファッションの特集を見ていつも思うこと。「ローマでこういうおしゃれな格好の人見たことない。」 やっぱりミラノは違うのかしら。 ローマの街を歩いていても「おっ」と目を引くような人はめったに見ない。 靴だって石畳で歩きにくいからヒールの靴なんて履いて歩けないし。 (それでも私はヒールの靴を履いてよくヒールが石畳に挟まる、、)

だけどサルデニアに行くとちょっと違う。というか、ローマの港からサルデニアに向かう船に乗り込む人たちは既に結構おしゃれ。 それもどちらかというと小さい子供のいる30代位のママのファッションがかっこいい。 決して高い服ではないと思うけどうまく着こなしていてとっても参考になる。 かっこいいママたちはビーチでサングラスにビキニの水着でもとっても目立つ。
私のビーチでの楽しみはかっこいいイタリア人男性探しではなくこの「かっこいいママ探し」。

そして夜になるとおしゃれしてお店やレストランが集まっている港に出掛ける。 ご年配の夫婦も小さい子供を連れた家族も若者たちも夜遅くまで楽しんでる。 日本でこういう場所ってなかなか思い浮かばない。 年を取ってもこうしておしゃれして夫婦で出かける場所があるっていいなと思う。 これは私が思うイタリアのいい所のひとつ。 
ただし遅くまで外にいても翌朝はビーチに行くため早起きしないといけない。 10時にはビーチに到着しないと駐車場に車が入れられないしビーチも場所が空いてないから。 だからバケーション中は毎日8時起き。 ま、ビーチで寝ればいいんだけど。

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-18 23:06 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

パスタで始まる恋

久々に去年の夏サルデニアで購入したエプロンをしてお料理。
このタイプの刺繍のものはサルデニアの特産品で毎年行く度に少しずつ買ってくる。
c0102268_3282288.jpg
マーケットでは機械で刺繍した安いものもあるけどちょっと高くてもやっぱり手刺繍のものがいい。 
c0102268_3293196.jpg
薄いブルーの生地に白い刺繍が爽やか!
お店には他にもクッションカバーやらクロスやらいろいろある。
去年は結婚したこともあって奮発してテーブルクロス&ナプキンのセットを購入。白地の麻にブルーの糸で刺繍してあってとってもきれい。
でも汚れたら、、と思うとなかなか使えない。 結局アモがこの前イタリアに出張したときイタリアのお家に持っていってしまった。。 ママもテーブルクロスにはもったいないからカーテンにしたら?と言う。 それもいいかな~!

今日は朝予約していた美容院でカットとヘッドスパ! ここはすべてAVEDAの製品を使っているのだけどヘッドスパが最高に気持ちよくて幸せ。 コテでくるくる巻き髪にしてもらい仕上がりもいつも通り大満足。 カット中雑誌を読んでいるとおうちご飯特集のところでイタリアンの料理があり、下のほうに「イタリアでは『僕のパスタを食べにこない?』というのが恋の始まりの合言葉。」と書いてある。 あっ! この誘い文句、アモが一番初めにデートしたときに言った言葉だ!
食べ物に釣られたわけじゃないけどこのときアモが作ってくれたペスカトーラ (イタリアではシーフードのパスタは「ペスカトーラ」と言う。日本でよくメニューに書いてある「ペスカトーレ」はイタリア語で「釣り人」の意味。。)はとってもおいしくて感動したのを今でも覚えている。 
確かに恋は始まったかな。

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-17 00:00 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)

えっ、ジロラモ??

アモが大阪から帰ってきた。 
大阪どうだった?と聞くと電車に乗ってたら女の子二人がアモを見て『ジロラモ』と言って笑ってたとの事。 えっ、ジロラモ? 全く似てないですけど。(絶句)

お願いしておいた551蓬莱の豚まんと焼売をちゃんと買ってきた。
さっそく食べると肉がふわふわでおいしい~! 
c0102268_21384810.jpg
c0102268_2139359.jpg


そして「冷蔵庫にチョコレートが4個入ってたよ。 4個あったから2個食べちゃった!」
えー! それは昨日お友達からもらって、でもアモと一緒に食べようと思って食べずに取っておいたチョコじゃん!! ひどーい(涙) 

今日はとっても天気が良かったのでランチの時間に近くの公園に梅の花を見に行ってきた。
歩くと梅の甘い香りがかすかにする。 ちょうど見ごろでとってもきれい!
c0102268_21563661.jpg

春は一歩一歩近づいてる♪

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-15 22:04 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)

バレンタイン2007

この前初挑戦した天然酵母のパン作り。 昨日さらにレシピ本二冊をAmazonで購入すると早速今日届いた!今回は私が使用しているホシノ天然酵母を使っている「天然酵母のおいしいパン」と「素朴がおいしい、天然酵母のパン」。 作り方も分かり易く説明されているし写真もきれいで見ているだけで楽しい♪

今日の夜はセミナーがあって仕事後東京駅に向かった。 セミナー前に軽く食事でもと目にとまったベーグルのレストラン、JUNOESQUE BAGEL CAFE(ジュノエスク ベーグルカフェ)。 周りの人に運ばれてきたサラダセットもおいしそうだったけど私はクラムチャウダーのスープにベーグルとディップが選べるセットにしてみた。
大きい白いお皿の上にボールに入ったスープとベーグル、クリームチーズ。 見た目にもおしゃれでスープもベーグルもとってもおいしかった! 今度天然酵母でベーグルを作ったらこんな感じにしてみよっと。

バレンタインの今日、アモは泊りで大阪出張。 
夜、電話で「今日ね、六本木ヒルズで外人の男の子と歩いてた日本人の女の子が大きいピンクのバラの花束持って歩いてたよ。 いいな~。」と言ってたらアモが不機嫌に。。

お友達からチョコを頂きました。 ブラウンの箱にオレンジのリボンが素敵。
c0102268_23135010.jpg
開けてみると可愛いチョコが!
c0102268_231556100.jpg
明日アモと一緒に頂きます。 ありがとう!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-14 23:22 | イベント | Trackback | Comments(0)

結婚指輪

そういえば結婚指輪を二人で買いに行ったのは去年の先週末、2月11日だったことを思い出した。 結婚しようと決めたのが1月、そして2月の私の誕生日プレゼントがこの結婚指輪。イタリアではゴールドの指輪が多いけど私達はプラチナにし、しかも私のはエタニティー。 この時はまだ式の日取りが決まっていなくて指輪の裏側への刻印はまた後日ということで家に持ち帰ったのでした。
c0102268_21395967.jpg
とはいうものの式は4月。アモ曰く、指輪は両親の前で開けるのが習慣とのことで指輪を買ってからの2ヶ月間、箱を開ける事は許されず。 
それなのに式当日、私達二人は先に会場入り。 式場の人に「指輪は箱から出しておいてくださいね。」と言われて結局私が控え室で一人でリボンをほどいて開けたのでした。。

式後アモの家族に二人で指輪を見せると、「あれっ、なんでデザインが違うの?」 しばしの沈黙。 イタリアでは結婚指輪は同じデザインと決まっているらしい。

式が終わってアモ、アモのママ、そして私の三人はタクシーでカフェに移動。
するとアモが「あれっ!! 指輪がない!!」 式が終わって30分しかたってないのにそんなことって!?!?と驚くママと私。 慌てるアモ。 でもママは冷静に言った。「ポケットの中に入ってないの? さっき手を入れたけど。」 アモがポケットに手を入れると・・・「あった!」 さすがママ。 どうもアモの指輪が大きいと思ってたけど後日お店にお直しに持っていくとなんと2サイズも大きかった。。 
 
後日アモの家族がうちに来て棚に置いてある指輪を見て「結婚指輪外してるの?」と驚く。 イタリアでは結婚指輪はつけたままらしい。 私は家に帰ると全てのアクセサリーをまず外すのが習慣。 家で指輪はしたくない。 でも私達は国際結婚。 デザインが違う指輪と同様「日本ではそれが普通。」と言うと丸く収まる。 なんて便利な国際結婚♪ そういえば婚約指輪を買ってもらうときも「指輪より他のもの買ったほうがいいんじゃない?」と言うアモに「日本では婚約指輪をもらわないと結婚できないっていうルールがあるんだよ。」と言って買わせた(笑)。 さすがに本人もそんなはずはないだろうと分かってたみたいだけど!

結局一年たつけどまだ刻印はしていない。 早くお店に持っていかないと!

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-13 22:15 | イベント | Trackback | Comments(0)
体調がイマイチの私のためにアモが作ってくれたRisotto alle verdure(野菜のリゾット)。
c0102268_2161332.jpg

何でアモが作るリゾットは私のよりおいしいんだろう。と思ってたけどよく見ていたらなんと手順に違いがあった!
エシャロットをオリーブオイルで炒めた後、トマトソースをを入れるアモ。
「私が作る時はエシャロットを炒めた後冷凍野菜を入れてからトマソーストと水を入れるよ。」と言うと「こうしてエシャロットの味をトマトソースに移したほうがスープがおいしくなる。」とアモ。
なるほど~!! だからアモのリゾットはおいしいんだ!

さて、昨日焼いた初挑戦の天然酵母のパン。 結果は・・
c0102268_20561723.jpg
ちゃんと膨らんでパンらしいものが出来た! まだまだ改善の余地はあるけど初挑戦にしては大満足。外はパリッと、中はモチモチ♡ ライ麦が香ばしくておいしい。

私が必死にパンを仕込んでいると、アモが「そんなに時間かけて手にマメまで作って(痛い。。)パンなんて買ったほうが安くておいしいよ。」と白い目で見ていてた。 しかしパンが焼きあがると真っ先に食べて「おいしい!」と一言。 朝も起きるとすぐに「パン食べよ!」
更にはパンの本を見て、今度はこれがいいなー。とか言ってる。 かなり気に入ったらしい。

[PR]
# by mogliettina | 2007-02-12 21:26 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)