イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

カテゴリ:イタリア( 42 )

今週末は私の両親と弟一家を招いてランチの予定。
メニューは何にしようかな、とかテーブルはどうしようかな、と思案中です。

自宅では手持ちの食器に限りがあるのであまりテーブルコーディネートを楽しむことができませんが
お店のディスプレイなんかをチェックしてアイディアをもらっています。

今回ローマで気になったのはこの2つ。

CONTINIにて。
c0102268_21142692.jpg
シックで大人な感じです。 グリーンがいい感じにアクセントになっています。

がらっと変わってこちらはカラフルな色使い。
元気が出そうです♪
c0102268_21181284.jpg
こちらはCoinというデパートのインテリアフロア―です。

日曜日はどんな感じにしようかな~

[PR]
by mogliettina | 2008-08-19 22:31 | イタリア | Trackback | Comments(0)

イタリアでも

手術後ヒールのある靴が履けなくて買ったバレエシューズ。
案外歩きやすくて元気になった今でもよく履いてます。

ローマでもバレエシューズを履いている人を結構見かけました。
お店でも品揃え豊富でした。
c0102268_16145671.jpg

今回は残念ながらイタリアで靴を買うことが出来なかったんです。
次回に期待。

[PR]
by mogliettina | 2008-08-17 16:18 | イタリア | Trackback | Comments(0)

ローマで日本人像

サルデーニャに向かう船に乗り込むチビタベッキアというローマの港。
時間潰しにお茶しようと車を停めるとイタリアの景色に似つかわしくない銅像が!
c0102268_4444953.jpg
「支倉常長像」と書いてありました。
誰なんだろ。

[PR]
by mogliettina | 2008-07-12 18:53 | イタリア | Trackback | Comments(4)

重病国家?

今朝通勤電車に乗っていた男性が読んでいた雑誌。 表紙に「イタリア」って文字が一瞬見えた気がしたので位置を移動したりして(笑)なんとか表紙の文字を見ると「重病国家 イタリア」と書いてありました。 そして雑誌名を確認するとNewsweek。 会社に着いてHPで検索してみました。
目次に書いてあったのは、「マフィア政治、マザコン経済、ドルチェ国民─空中分解して総選挙を迎えるEUの劣等生に果たして未来はあるのか」。 しかも中吊り広告には「イタリアが変ー政治は大混乱、ナポリはゴミだらけ、景気停滞なのに国民はハッピー」と書いてある。
早速近所の本屋さんに電話して在庫を確認し、仕事後買って来ました。
c0102268_21355580.jpg

確かにイタリアに行くたびに「この国って・・」と思いますが、それでもこんなに書かれると「そんなに悪いところばかりでもないような。。」と何故か弁護したくなってしまう(笑)私でした。 ま、最終的には記事も「イタリアはこの危機を乗り切る可能性が高い。」と締めくくっていますけどね。
がんばれ、イタリア。 
私達がイタリアに住む頃までには復活しておくれ(祈)

[PR]
by mogliettina | 2008-02-21 21:36 | イタリア | Trackback | Comments(0)
年始のローマでマンマに譲ってもらったアモが学生時代に描いた絵。
帰国してから行きつけのギャラリーに持って行き、額縁を選んで待つこと2週間。
今日出来上がったと連絡があったので会社帰りに受け取ってきました。
色鉛筆で書いたデッサン画も額に入れたらこんなに立派になりました♪
c0102268_226503.jpg
この絵、アモが18歳の時に美術の授業で描いたもので紙の下のほうには名前とクラス名、そして赤ペンで「9」と書いてありました。
この「9」は10点満点中9点の「9」だそうです。 普通の高校の理数系専攻の学生がこれだけ書いて「9」。 恐るべし、イタリア。 
私の高校でこんな絵を書いたら賞賛の嵐なはず。 さすが芸術の国イタリア、レベルが高い。

絵はリビングのテレビ横の柱に掛けてみたらいい感じになりました♪
c0102268_22143587.jpg
アモを驚かそうとアモが帰ってきてしばらく黙ってアモの行動を「観察」していたのですが、まーったく気づかないアモ。 しびれを切らして、「あのさー、この部屋どこかいつもと変わってない?」と聞くと「えっ、どこかな~」と部屋中を見回しながらもまだ気づかない。 そして「それってすごくいいもの?」と聞くので「そうだね~、きっとすごく嬉しいものだと思うけど」と言うと「あっ、花?」 。。。 違うってば(絶句)。
そして探すこと数分。。「ああああっ! 絵だ!!」 
大満足の様子です。

実はこの絵、余白部分がかなり多かったので少しカットしてもらうことにしました。 すると余白に書いてあったアモの名前とクラス名のところを切り取って額の裏面に貼っておいてくれていました。 
c0102268_1092959.jpg
お店の方の気遣いに感動です(涙)

本当はあまり部屋に肖像画を置くのは好きではない私ですが、この絵は見た瞬間になんだか惹かれるものがありました。 
アモの思い出の絵。 大事にしていきたいと思います。   

[PR]
by mogliettina | 2008-01-30 22:33 | イタリア | Trackback | Comments(0)

ローマの住宅事情

先日イタリアで買ってきたインテリア雑誌。特集は「親子3人で快適に過ごす40平米のアパート」。 
c0102268_23204466.jpg
ローマにいた時も人が集まると話題は不動産。 特にローマ中心では物件価格が高騰し、日本人の私が聞いても「えっ?」と驚くほど。 と言うより東京より全然高い。 例えば2ベッドルーム、70平米位ののアパートが600,000ユーロ(約1億円)とか50平米でも370、000ユーロ(約6100万円)とか、新築でなくてもこのくらいのお値段。 更に購入価格の4%位を業者に支払わなければならないらしいし、購入したアパートも更にリフォームしなければならなかったりと莫大な金額。 
が、更に驚くのがこのような値段でもかなり売れているらしい。
実際、話す人話す人、みんな「家を購入しようと探しているが見つからない。」と言っている。 

そんな事情で親の世代よりも狭い家に住まざるを得ない若者ファミリーが増えているらしい。 この雑誌の特集を見ると「なるほど~」とアイディアに感心。 

この40平米のアパートの場合、キッチン、リビング、ベットルーム、バストイレという間取りらしい。
夫婦の寝室を子供に譲り、壁面に勉強机と収納棚
c0102268_23202777.jpg
その向かいにソファーを配置。 ソファーは引き出すとベットが出てくるタイプでお友達も泊まれるようになっている。
c0102268_23195122.jpg
そしてリビングのソファーもベッドソファーにし、こちらが夫婦の寝室になるよう。 
c0102268_23303353.jpg
そしてソファーの向かいにダイニングテーブルやテレビ、食器なんかも入れる収納棚を配置。
キッチンやリビング、子供部屋が赤と白で統一感があるし、模様替え前の写真と比べるとかなり明るくなった感じです。

私達のローマのアパートも2ベットルーム。 2階の部屋は私達の寝室だけど1階の部屋にはこれみたいにベットソファーを置いて日本から家族や友人が来た時のゲストルームにするのもいいな~。なんて雑誌を見ながらいろいろ妄想(笑)している日々です。

[PR]
by mogliettina | 2008-01-15 23:42 | イタリア | Trackback | Comments(0)

VICENZIのクッキー

今回会社へのお土産用に買ってきたVICENZIのクッキー。
c0102268_1729933.jpg
パッケージの写真がおいしそうだったのが選んだ理由ですが今日とあるスーパーに買い物に行くと見覚えのあるクッキーが。。
私が買ったこのクッキーで缶に入った600g入りのもの。
パッケージの写真はまったく同じで1,800円くらいでした。
私が買ったのは300g入りで2ユーロもしない位。

「割れないように。」と手荷物にしたのですが、ローマから帰ってくる途中、「お腹空いたね~」と言うと「あのバックに入ってるクッキー食べようよ!」 しっかり見つかっていました。 その後も何度か狙われましたが(笑)長時間移動の必需品、アモの大好きなカラメッラ(キャンディー)を与え続けてなんとか守り抜きました。

このクッキー、お土産だけど私も明日会社で”味見”したいな~

[PR]
by mogliettina | 2008-01-14 17:40 | イタリア | Trackback | Comments(0)

クルミ&いちじく

マンマのお家にあったこの道具。  
c0102268_23365354.jpg
こうやって間にクルミなどのナッツを挟んで、
c0102268_23375823.jpg
割るんです。
c0102268_23383375.jpg
そして中身のクルミを取り出して干しいちじくの間に挟んで食べるのです。 

スーパーにはこうやって既に出来上がっているものも売っていました。
c0102268_23401660.jpg
クリスマスの時期によく食べるそうで、クルミやいちじくはソレントやナポリなどのものがおいしいそうです。 近所のスーパーでもクルミや干しいちじくがたくさん売られていました。

年越しにウンブリアに行った時、バーベキューの材料の買出しに皆で行った時も友達が買ってました。

フレッシュないちじくもおいしくて好きですが干したものもおいしいです♪

今日の夕食のしゃぶしゃぶ、深めのホットプレートを使ったのですが友達はとても気に入ったらしく「買いに行く!」と言っていました(笑)
しゃぶしゃぶ後のうどんはきしめんにしたのですが、出した瞬間「フェットチーネ!!」と叫んでました。 確かに形は似てますね。 喜んでもらえたようで良かったです♪ 

[PR]
by mogliettina | 2008-01-13 23:49 | イタリア | Trackback | Comments(2)

壁には素敵な絵画を

イタリアのお家では絵画を壁にたくさん掛けていてとても素敵。
こちらはアモの両親の家の壁の一部。
c0102268_12581299.jpg
そんな絵画に混ざってアモが学生時代に描いたというローマの噴水のデッザン画もあり、これがかなりの出来栄え。
(写真を撮ったはずだったのですがどこに行ったか見つからず。。)
意外な才能があったことを知ったのでした。

私達のローマのアパートにはまだ絵画はないのでこれから少しずつ集めていきたいと思います。 

[PR]
by mogliettina | 2007-11-20 22:55 | イタリア | Trackback | Comments(3)

日本に戻ってきました

ローマから戻ってきました。
私が滞在していた間、めちゃめちゃ寒かったローマ。
そして最後の2日は雨。 滞在中も曇りの日が多く、アモの叔母も「私たちの心のようね。」と言っていました。
ローマを発った日は寒さは和らいだものの雨が降り、そして日本に着くとまた雨。 「台風みたいな大雨だなー」なんて思っていたら本当に台風だったんですね。 外は大雨で、食料の買出しにも行けず。

行きはミラノ経由で、しかもほぼ眠れずかなり辛かったのですが帰りは直行便で戻って来れたので少し楽でした。 それでもやっぱりローマは遠いいですね。 行きも帰りも満席で、しかもフライトが1時間ほど遅れたのでかなり疲労しました。 日本に戻ってもみんなのことが心配ですが、一番辛いはずのマンマの前向きに頑張って生きていこうという姿勢を見て、少し勇気付けられました。
私たちも年末にまたローマに戻る予定です。

今回、私たちの会社からローマのお家にお花を贈って頂きました。
c0102268_21572247.jpg
イタリアではお葬式でもカラフルな色のお花を贈るようでパパのお葬式にもたくさんのお花が並べられました。 

さて、これから家にあるもので夕食を作ろうと思います。
あまり食べたいという気はしないのですが、今病気にはなれないですからね。

[PR]
by mogliettina | 2007-10-27 22:19 | イタリア | Trackback | Comments(0)