イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

ローマで日本人像

サルデーニャに向かう船に乗り込むチビタベッキアというローマの港。
時間潰しにお茶しようと車を停めるとイタリアの景色に似つかわしくない銅像が!
c0102268_4444953.jpg
「支倉常長像」と書いてありました。
誰なんだろ。

[PR]
by mogliettina | 2008-07-12 18:53 | イタリア | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/9231405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くまこ at 2008-07-17 15:49 x
はじめまして。
時々お邪魔して楽しくブログを拝見させていただいていました。
くまこと申します。

ずうずうしいかな、と思いつつコメントです。
と、いうのもちょうど昨日、友人との話題の人物だったからです!!
仙台出身の友人が小学生のころ
「しくらじょうちょう って誰?」とお母さんに聞いたところ仙台藩だったころの有名な人も知らないの!!と、ひどく怒られて教科書で調べたことがあったそうです。

ほんとの名前は「はせくらつねなが」とお読みする人物で、
仙台藩から、鎖国が始まるちょっと前にキリスト教の子供たちをつれてヨーロッパに来訪した人です。
きっと、バチカンに向かうときにローマの港から上陸したんでしょうね。

宮城県の松島に支倉常長に関するお寺もあって、バラがモチーフにされていたりとあまり他では見ないお寺になってますよ。
機会があれば松島まで足を伸ばしてみてください。

お邪魔しましたu_u
Commented by mogliettina at 2008-07-17 21:23
くまこさん、はじめまして~^^
いつも&コメントありがとうございます!

なるほど~。 そんな昔にローマを訪れた日本人ががいたんですねー。
勉強になりました!

銅像の下の所にイタリア語で説明書きのような文が書いてありましたが時間がなく読む事が出来なかったので気になっていたんです。

イタリアでこんな立派な像が作られている日本人がいるなんて、日本の誇りですね!
それにしても、こんな後世に話題になるなんてすごい偶然(笑)
御本人もびっくりしてるのでは^^;
Commented by ちば at 2008-08-17 07:57 x
はじめまして
2年前にチビタベッキアを訪問した際に、
この支倉常長像を探したのですが、
ガイドブックにのってなくて見つからなかったんですよ。

とてもみたかったです。

ちなみに同じ像が
海外の他の港町にもありますよ。^^
見つけると感動します。
Commented by mogliettina at 2008-08-17 23:11
ちばさん、はじめまして!

ちばさんは支倉常長像をご存知だったんですね~。
チビタベッキアにパパがお気に入りだったDANILO(ダニーロ)というジェラートのおいしいお店があってそのお店沿いの道のちょっと先にありました。
ジェラートは残念ながら法律が変わって売ることが出来なくなってしまったそうで今はカフェとして営業しているそうです。

他の国の港町にも同じ像があるんですね~。
そんなに偉大な日本人を知らなかったなんて、日本人としてちょっと恥ずかしいです。。
港町に行くときには支倉常長像を探してみようと思います^^