イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

アマンディーヌ

今朝スーパーに行くと30cm程の鯛が1尾1,000円。 大の鯛好きのアモは大興奮で2尾買ってきたものの、「2人で2匹は食べれないだろう。」と近所のイタリア人のお友達を呼ぶことにしました♪

今日は暖かくって、と言うより暑くて、東京ミッドタウンから渋谷まで二人でお散歩してきました。 桜も開花してましたね。
そしてディナーの準備をしていると「ドルチェは?」と言うアモ。
ちょうどお散歩中に青山のNatural Houseでオーガニックのアーモンドスライスを買ってきたところだったので「アマンディーヌ」に初挑戦してみました。
c0102268_1401052.jpg
アマンディーヌとは「アーモンド」という意味のフランス語から派生した言葉でタルト生地の中にアーモンドクリームをたっぷり詰め、更にアーモンドスライスを一面にふりかけて焼いたもの(だそうです)。 もっとたっぷりアーモンドスライスを乗せてよかったみたい。 
タルトはいつものビタントニオで焼いたタルトレットを使い、アーモンドクリームを詰めてみました。
「おいしいケドもうちょっと改善できるね」というアモと「おいしいかったけど次回はアイスクリームを乗せたらもっとおいしいと思う」という友達。 味はよかったらしいけどどうやら満点ではなかったようでした。

そして今日はいちご2パックが680円とお買い得♪ いつもいちごには砂糖とレモン汁をかけて食べるアモですが、食事中に飲んでいたワインを見ながら「白ワイン入れたらおいしいかも。」と思いつき試してみたところとってもおいしくなりました♪
c0102268_1422654.jpg
今日は料理の写真をとる事が出来なかったのですが、本日のメニューはこちらです。 気心の知れたお友達なので気合の入ったメニューではないですが、というより鯛以外は冷蔵庫にあったもので作っただけでしたが菜の花のパスタは日本特有のレシピらしく(イタリア人は「菜の花」を知らないみたいです。)、喜んでもらえました♪ 

*菜の花のトマトソースパスタ
*鯛のオーブン焼き
*DEAN&DELUCAのイタリア産オリーブ&アーティチョーク
*サラダ
*アマンディーヌ
*イチゴの白ワインマリネ
*自家製リモンチェッロ
*トローネ(イタリアのクリスマスに食べるチョコレート)
*エスプレッソ

*ビタントニオで簡単アマンディーヌ

[材料]
(パートシュクレ5個分)
薄力粉 100g
バター 50g
グラニュー糖 25g
卵 1/2個

アーモンドクリーム(5個分)
バター 50g
粉砂糖 50g
卵 1個
アーモンドパウダー 50g
ラム酒 少々 (お好みで)

[作り方]

パートシュクレ(タルト型)
1. フードプロセッサー(FP)にバターと砂糖を入れてクリーム状になるまで回し卵を加えて更に混ぜる。
2. 薄力粉を加えて生地がまとまるまで回す。
3. 35~40gずつに生地を分ける。 生地を丸めて軽く押して少し潰し、タルトプレートの上に置いてふたをしたら4~6分程生地がきつね色になるまで焼く。

アーモンドクリーム
1. FPにバター粉砂糖を入れてクリーム上になるまで回し卵を加えて更に回す。
2. よく混ぜ合わさったらアーモンドパウダーを加えてよく混ざるまで回す。

タルト型に絞りだし袋で渦巻状にアーモンドクリームを絞り入れ、スプーンの背で平らにならす。 アーモンドスライスを1枚ずつ重ならないように一面に並べる。

180℃のオーブンで35~40分焼く。

*イチゴの白ワインマリネ
[材料]

いちご(今回は小粒のものを使用)数粒
レモン
グラニュー糖
白ワイン

[作り方]

1. いちごを半分に切ってカップに入れる。
2. グラニュー糖(今回は小さじ1)をふりレモン汁をかける。
3. 白ワイン(今回は375mlワインのキャップ1杯分)をかける。
4. 冷蔵庫で10分ほど冷やしてなじませる。

そして今日も食べ過ぎです。。

[PR]
by mogliettina | 2008-03-23 01:54 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/8503367
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。