イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

北京で食を堪能

中華料理が大好きで日本でもよく食べに行きますが、本場の中華は断然おいしくて大感動。 3回のディナーで食べれるだけ食べてきました!

長城酒家
c0102268_1793950.jpg
スウェーデン人同僚が教えてくれた「安くておいしい」と言うこのレストラン、実は半信半疑だったのですが(ゴメン!)驚きの美味しさでした。

なんてことのない普通の外見のこのレストラン、18時頃到着すると店内は地元の人で一杯。「こんなローカルなお店をどうやって見つけたんだろう」と思っていたら時間が遅くなるにつれて欧米の人が増えてきて一人で来てる人もチラホラ。メニューを見ると日本で見た事のないような品々があり、どれもおいしそうで悩みましたが3品選びました。

インゲンの肉味噌
c0102268_1710499.jpg
この味噌味の挽き肉が乗っているインゲン、激ウマでしかも18元(約290円)!
海老とカシューナッツ炒め
c0102268_1711426.jpg
塩味でさっぱりしていて、しょうがと炒めた海老、胡瓜、人参、タケノコが絶妙。

ラムレッグのロースト
c0102268_17112873.jpg
よ~く焼かれたこのラムレッグがまた絶品。 一味唐辛子をつけながら頂きました。
他にビールと中国茶の鉄火音を頼んで三千円位でした。
お店はシェラトン長城飯店近くです。 看板はこんな感じ。
c0102268_17115782.jpg

ザ・オリエンタル(トレーダース ホテル 内)
北京に到着した日は夜遅かったので宿泊ホテル1階のザ・オリエンタルで食事しました。 北京はレストランが閉まるのが早いので22時のラストオーダーにギリギリ間に合いました。
「僕は北京で食べ過ぎだから食べないよ。」と言っていたアモでしたが「なんかお腹空いたな~」と結果、私以上に食べてました!
「ちょっとだけ軽いものを。」とオーダーしたのは、アスパラと銀杏の炒め物
c0102268_17132823.jpg
これがスッゴクおいしいんです! 翌々日のランチに一人で来てまたオーダーしました。

シーフードのチャーハン
c0102268_17141856.jpg
あんかけが上にかけてあり絶品!! あまりのおいしさに感動しました。

そしてふぐの切り身のせ汁そば。 (どこが軽め?ですよね。)
c0102268_17144244.jpg
麺が日本の物と違って細くて弾力があり、一瞬「ん?」と思いましたが慣れてくるとやっぱりおいしい。 さすが「食の北京」です。

全聚徳
アモが会社の人達と来て感激したという秀水市場6階にある北京ダックの名店、「全聚徳」の支店で食事しました。
c0102268_17172169.jpgc0102268_1717930.jpg









北京ダック1羽、海老の揚げボール、チャーハン、野菜の蒸し餃子、そしてビールをオーダー。
こんがり焼き上がったホカホカのダックが運ばれ、シェフが芸術的な包丁さばきで切り分けてくれます。
c0102268_17182123.jpg
c0102268_1742077.jpg
この北京ダック、今までに食べたものとは全く別物の絶品!(ちなみに丸1羽だったので上の写真のお皿が二皿。 かなりの量になりました。)
味噌を付けて皮の上に置き、ネギときゅうりの細切りを乗せて巻いて食べてもおいしいし、胡麻パンの間に挟んでもおいしい。
c0102268_1734364.jpg
食後に今日食べたダックの番号が書かれたカードまでくれました。
c0102268_17373779.jpg
そして更に感動したのはサービス。 ビールはグラスが空くとすぐに注いでくれ、料理も全て取り分け食べ終わるとよそってくれ、日本でもここまではしないですよね。 素晴らしいです。
北京ダックを食べて、しかもこの量で今日のお支払いは日本円で6,000円位。 二胡の生演奏などもあってとてもいいレストランでした♪
c0102268_17381881.jpg


[PR]
by mogliettina | 2008-03-10 17:50 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/8415746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。