イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

ラムのパイ包み焼き

今日は久しぶりにアモとおうちごはん。
雑誌に載っていたものをアレンジしたラムのパイ包み焼きです♪
c0102268_22384978.jpg
ローストポテトも添えてみました。
初挑戦のこのお料理、ちょっと塩気が足りなかったのですがアモはとっても気に入ったようです。 
「こういうのをおもてなしに出せばいいんだよ~。」と言っていました。
冷凍パイ生地を使ったのですが大きさが微妙に小さくて、どうなることかとハラハラしましたが見た目にはいい感じに出来上がりました♪
ソースはバルサミコと赤ワインを煮詰めたものです。

イタリアではバルサミコをサラダにかけて食べるのでアモの家族が来日した時に買っておいたのですが、私はお酢が苦手なので全く減らないんです。
こうして煮詰めてソースにすると結構食べれるかも。

合わせたワインは先日コストコで買ってきたCHIANTI。 アモが「CHIANTIが安い!」と言うので2本買ったのですが、買って正解! 1,000円しなくてこのお味はかなりお買い得でした♪
二人で2/3ほど飲んだらすっかりほろ酔いです。
c0102268_22521954.jpg

*ラムのパイ包み焼き

[材料]
ラムラック (今回はニュージーランド産、422gで1700円ほどでした)
ほうれん草 1束
にんにく
ローズマリー
塩、こしょう、オリーブオイル
冷凍パイ生地 2枚(今回はニチレイのパイシートを使用)
卵1個

(ソース)
バルサミコ 50cc
赤ワイン 50cc

[作り方]
1.ラムラックに塩、こしょう、オリーブオイルをまぶし、にんにく、ローズマリーを置いて室温で15分ほど置いておく。
2. ほうれん草を洗い水気がついたままル・クルーゼの鍋に入れてふたをしやわらかくなるまで蒸す。
3. 1のラム肉の水分をキッチンタオルでふき取り、オリーブオイル大さじ1ほどを熱したフライパンにラム肉を入れて表面を強火で焼く。
4. ラム肉を取り出しさっと冷ましたら1のにんにく、ローズマリーを載せて2ほうれん草の芯を取り除いたものをラム肉に巻きつける。
5. パイ生地に溶き卵を塗り4のラム肉にほうれん草を巻きつけたものを載せ、もう一枚のパイ生地を載せる。 表面にも溶き卵を塗る。
6. クッキングシートを敷いた各皿に載せて200度に余熱しておいたオーブンでパイ生地がこんがり焼けるまで焼く。 (我が家のオーブンでは今回は50分ほど焼きました)
7.3でラム肉を焼いたフライパンにバルサミコと赤ワイン50ccずつを入れて煮詰める。
8。 焼きあがったら5分ほどおいてから切り分けてお皿に盛りバルサミコソースを垂らす。

*ローストポテト ローズマリー風味

[材料]
じゃがいも 2個 (今回は家に2個しかなかったのですが、2人分だと3,4個合ったほうがいいかも)
ローズマリー 1枝
塩、オリーブオイル

[作り方]
1. じゃがいもを適当な大きさに切る
2. 耐熱皿にじゃがいもを入れて塩、オリーブオイルをかけてローズマリーを置く。
3. 180度のオーブンで40分ほどポテトが焼けるまで途中スプーンで上下を返しながら焼く。
*今回は先にローストポテトを作って置いてその後ラムを焼きました。
ラムが焼きあがる10分ほど前にポテトを加えて一緒に温めました。

本日のメニューはその他、ニンジンとホタテのサラダ、イタリア産チーズのペコリーノ サルド (これが赤ワインにピッタリ。)、そしてオリーブスライス入りグリーンサラダです。 そしてドルチェは昨日お友達に頂いたメレンゲショコラとオランジェットです♪

[PR]
by mogliettina | 2008-02-16 23:16 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/8250537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。