イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

授業で描いた絵も額に入れれば立派に

年始のローマでマンマに譲ってもらったアモが学生時代に描いた絵。
帰国してから行きつけのギャラリーに持って行き、額縁を選んで待つこと2週間。
今日出来上がったと連絡があったので会社帰りに受け取ってきました。
色鉛筆で書いたデッサン画も額に入れたらこんなに立派になりました♪
c0102268_226503.jpg
この絵、アモが18歳の時に美術の授業で描いたもので紙の下のほうには名前とクラス名、そして赤ペンで「9」と書いてありました。
この「9」は10点満点中9点の「9」だそうです。 普通の高校の理数系専攻の学生がこれだけ書いて「9」。 恐るべし、イタリア。 
私の高校でこんな絵を書いたら賞賛の嵐なはず。 さすが芸術の国イタリア、レベルが高い。

絵はリビングのテレビ横の柱に掛けてみたらいい感じになりました♪
c0102268_22143587.jpg
アモを驚かそうとアモが帰ってきてしばらく黙ってアモの行動を「観察」していたのですが、まーったく気づかないアモ。 しびれを切らして、「あのさー、この部屋どこかいつもと変わってない?」と聞くと「えっ、どこかな~」と部屋中を見回しながらもまだ気づかない。 そして「それってすごくいいもの?」と聞くので「そうだね~、きっとすごく嬉しいものだと思うけど」と言うと「あっ、花?」 。。。 違うってば(絶句)。
そして探すこと数分。。「ああああっ! 絵だ!!」 
大満足の様子です。

実はこの絵、余白部分がかなり多かったので少しカットしてもらうことにしました。 すると余白に書いてあったアモの名前とクラス名のところを切り取って額の裏面に貼っておいてくれていました。 
c0102268_1092959.jpg
お店の方の気遣いに感動です(涙)

本当はあまり部屋に肖像画を置くのは好きではない私ですが、この絵は見た瞬間になんだか惹かれるものがありました。 
アモの思い出の絵。 大事にしていきたいと思います。   

[PR]
by mogliettina | 2008-01-30 22:33 | イタリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/8116063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。