イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

アップルパイ

すっかり寒くなってリンゴがおいしい季節。
そしてこの時期になると作りたくなるのがアップルパイ。 昨日ナチュラルハウスでたくさんリンゴを買ってきました。
c0102268_18373446.jpg
作り方自体は難しくないけどとにかく時間がかかるアップルパイ。
出来るだけ簡単に出来るよう、レシピは電子レンジのクッキングガイドに載っているものを使用してます。 粉まみれになりながらパイ生地をこねてやっと出来上がったのがこちら♪
c0102268_18412294.jpg
表面の変な柄(笑)は見なかったことにして、、、パイ生地はさっくり焼けたみたいです♪
中にはリンゴがたっぷり♡
c0102268_1842274.jpg
アップルパイを作るといつもアモが「これは甘くてデザートだけど、マンマのほうれん草とリコッタチーズなんかを入れたTorta Rustica(トルタ ルスティカ)もおいいしいんだよ~」と言う。 確かにそれもおいしそう♪

*アップルパイの作り方
[材料」(直径22cmの耐熱皿1枚分)

(パイ皮)
強力粉 80g
薄力粉 120g
バター 150g
冷水 100cc

(リンゴの甘煮)
りんご 3個 (正味600gくらい)
砂糖 150g
レモン汁 大さじ1
シナモン 少々
コースターチ 大さじ1/2

(溶き卵)
卵黄 1個分
水 小さじ1

[作り方]

**アップルパイを作る**
1. 薄力粉と強力粉をふるいボールに入れ冷たいバターを5mm厚さの2cm角くらいに切り、粉をまぶすように加えて冷蔵庫で全体が冷たくなるまで冷やす。
2. 冷たくなったら指先で粉とバターを混ぜ込み冷水を少しずつ加えながら混ぜる。 (バターが完全に溶けてしまわないよう手早く混ぜ込む)
3. 軽く抑えてひとまとめにし、ラップに包んで1時間ほどねかせる。

**リンゴの甘煮を作る**
4. リンゴは皮をむき8等分にして芯をとり3mm厚さのいちょう切りにしたら耐熱ボールに入れ、レモン汁と砂糖を加えてラップでふたをしレンジ強で13分加熱する。(中はかなり熱くなっているのでラップを取る時やけどに注意してください!)
5. 汁気を切ってシナモンをふり入れ、同量の水で溶いたコーンスターチを加えて混ぜレンジ狂で2分30秒加熱する。

6. 台に薄く打ち粉をし、生地を綿棒で3mmくらいの厚さの長方形に伸ばし両端を折って三つ折りにして再び長方形に伸ばす。 これを2、3度繰り返す。 (生地がべたつくようになったら冷蔵庫で冷やす)
7. 生地の半分を25cmx25cmくらいに伸ばし、薄くサラダ油をぬった皿にゆとりを持たせて敷き、密着させる。 端をナイフで切り落とし、フォークで底に穴を開ける。
8. 残りの生地も同じく長方形に伸ばす。 耐熱皿にりんごの甘煮を入れパイの周囲に溶き卵を塗り、長方形に伸ばしたパイ生地を載せて端を切りそろえる全体に溶き卵を塗る。 
9. 残った生地を丸めて長方形に伸ばし2cm幅くらいのリボンを数本作り、パイ皿の周囲に載せていく。 その上をフォークで抑えていき線をつける。 更に余った生地を好みの形に抜いて飾り付け溶き卵を塗る。
10. 190度のオーブンで35分~45分焼く

[PR]
by mogliettina | 2007-12-08 19:21 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/7667549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。