イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

クリスマスの準備1- シュトーレンを焼く

毎年12月初めに焼いているシュトーレン。 今まではドライイーストを使っていたけど今年はホシノ天然酵母でチャレンジ。
c0102268_21423691.jpg
シュトーレンらしきものが出来ました。
ドイツ人の同僚の女の子によるとシュトーレンにはマジパンを使うそうですが我が家のものはマジパンなしの、具もレーズンとクルミだけのシンプルなものです。 このまま1週間ほどアルミホイルに包んで味を馴染ませるので味見はまだできないけど、どんな味に仕上がったのか楽しみです♪

*シュトーレンの作り方 
[材料 (2本分)]

強力粉 (今回は「春よ恋」を使用) 300g
砂糖 30g
塩 5g
バター 30g
ホシノ天然酵母生種 24g
卵 1個
水 110g
ラム漬レーズン50g
クルミ 適量

バター(溶かしておく) 30g
粉砂糖

[作り方]

1. ボールに強力粉、砂糖、ホシノ天然酵母を入れて混ぜ合わせ、卵、水、塩を加えて混ぜたらバターを加えて生地をまとめ、台の上に中身を出してこねる。
2. 生地がなめらかになったらレーズンとクルミを加えて全体に混ぜ込み一つに丸める。
3. ボールに生地を入れてラップをし、10時間ほど一次発酵させる。
4. 生地を丸め直し濡れふきんを掛けて20分置く。
5. 生地を二つに分けそれぞれ丸くまとめ直したら面棒で楕円形に伸ばす。 上下を1/4ずつ内側に折り込み更に半分に少しずらして折ったら綴じ目を指で抑えてくっつける。
6. 濡れふきんを掛けて60分ほど2次発酵させる。
7. クッキングシートを敷いた角皿に乗せ170度のオーブンで40分ほど焼く。 (最後15分位で耐熱容器に入れたバターをオーブンの上に置いたらパンが焼きあがる頃溶かしバターができました)
8. 焼きあがったパンを取り出し、溶かしバターを刷毛でパンの表面に塗って染み込ませる。
9. パンが冷めたら表面に粉砂糖をふりかけアルミホイルに包んで1週間ほど置いておく。

[PR]
by mogliettina | 2007-12-02 22:09 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/7607046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。