イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

鯛の塩釜焼きに感動~!

今日は三越で天然の鯛を見つけたので、前から挑戦したかった「鯛の塩釜焼き」。 どうなるんだろう。。と半分ワクワク、半分ドキドキだったけど、焼きあがってみると「おおっ、なんかいい感じ♪」
c0102268_2313236.jpg
周りはカチカチで、軽く叩いたくらいじゃビクともしない。 アモが思いっきり角皿取りでたたいた結果、塩が回りに飛び散って(笑)オープン!
c0102268_2332029.jpg
外からは分からなかったけどちゃんと中まで焼けている様子♪
そっと鯛を塩ドームから取り出してアモが骨を取り除き、食べてみると・・・
「しょっぱい!?」 でもそれは端っこの塩がちゃんと取り除かれていなかった部分だけでその他の部分はめちゃめちゃおいしい!!
アモは「この鯛、人生で食べた中で一番おいしい!!」と大喜び。 そして「何かの間違いに違いない。。」と呟いている。 「えっ?」と聞くと「アモーレが一人でこんなにおいしい鯛を焼いたなんて・・」 
どういうこと!?!? でも確かにオーブン焼きとはまた違ったおいしさ。 これは大成功!

実は今日は朝から仕事だったアモ。 「30人を休日出勤させるんだから何かフルーツとか飲み物を用意しておけ。」と私の上司が昨日の夜アモにメール。 しかし人のいいアモ(・・・)は派遣の女の子に頼めず、代わりに私が朝アモとスーパーに買出しに行き会社まで運ぶことに。。 10時に会社に着くとぞくぞくみんなが到着。 ビールとシャンパンを運んでいる私たちを見て「おおっ!」とちょっとテンションが上がっている様子。
私はそのまま会社を後にし新丸ビル→銀座とお買い物。 三越で鯛を発見し「今日はアモもいないから塩釜焼きに挑戦しよう!」となったのでした。

が、いざ準備にとりかかろうとするとアモから電話。 「今会社を出たんだけど何か食べてから帰ろうかな」と言うので「ふーん、私は鯛の塩釜焼きなんだ♪」と告げたら「Impazzita(=クレイジー)!! 今すぐ帰る!!」となったのでした。
一人分の鯛とたこの刺身しか買ってなかったので野菜で増量。

今日のディナーはこちら。

c0102268_23195585.jpg

          
*鯛の塩釜焼き
*たこのマリネ
*ホタテとニンジンのサラダ
*ナスのグリル
*グランドハイアット、フィオレンティーナの週末限定バゲット
*杏仁豆腐

アモは6時半に起きてサイクリングした後会社に行ったので私が準備していた間寝ていた。 なので「どうやってこの鯛作ったの!?!?」
そして「今度ダー(近所のお友達のイタリア人)を呼んで作ろう!」と大ノリ気。

● 鯛の塩釜焼き

1. ボールに岩塩700g位(鯛の大きさに合わせて調整)を入れて卵白を加え(今日は2個弱使用)、適当な湿り気になったらローズマリーの葉をちぎって加える。
2. オーブン皿にアルミホイルを敷き、1の塩を敷き、おなかにローズマリー、イタリアンパセリー、タイム、エラからニンニクを入れた鯛を乗せる。
c0102268_23253423.jpg
3. 鯛を1の塩で覆い、180度のオーブンで50~60分焼く。

*塩は粒の大きいものがいいらしいです。 今回はイタリアンロックソルトを使用。
*鯛を取り出すときは塩が魚の中に入らないようにしましょう。 しょっぱくなります!!

● タコのマリネ

1.ボールにタコの刺身、みじん切りにした玉ねぎ、にんにく、細切りにしたバジル、レモン汁、オリーブオイルを入れて馴染ませたら塩で味を調える。

2.冷蔵庫で冷やしてお皿に盛り付ける。

杏仁豆腐はクオカで買った杏仁霜で作ってみましたが袋に書いてあった分量で作ってみたらちょっと固めの仕上がり。
c0102268_23342782.jpg
アモは気に入ったみたいだけど私はもうちょっと柔らかめが好きなので、今度は分量を変えて作ってみようと思います♪  

[PR]
by mogliettina | 2007-08-19 23:42 | 料理&レシピ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/6758732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。