イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

シミ抜きはマンマに教わって

去年の夏にマンマからもらったこの洗剤入れは先が細いからシミの上にピンポイントで洗剤がのせれてとっても便利♪
c0102268_22435364.jpg
実はこれ、ロレアルの髪の毛を染める液が入っていた容器。 事の始まりは去年の夏。 サルデーニャのサマーハウスでマンマと話をしてる時、「洋服についたシミをきれいに落とすにはどうしたらいいの?」と聞いてみた。 家事は何でもパーフェクトにこなすマンマ。 「洗剤をシミの上にかけて乾かしてから洗濯するときれいになるわよ!」と教えてくれた。
そして、「私が使っているこれ、便利だから一つ日本に持っていけば?」とくれたのでした。 中に入れている洗剤は私の母が教えてくれた「ザウト」。 この洗剤は本当によく落ちる。しかもココナッツ油脂主成分で生地にも環境にも優しい優れもの。

マンマが洗濯するところをみているとシャツの襟には襟元用洗剤をつけてブラシで汚れを落とし、一枚一枚シミがないかをチェックしてシミを発見するとこの容器に入った洗剤でシミ抜き。 更に普段洗濯していない私とアモの服はちゃんと一枚一枚洗濯表示をチェックしている。 さすが~! 私なんてアモのポケットに入っていたお札やティッシュを何度も洗ってしまった。。(入れるほうが悪いんだよー)

その他にもアモがレストランで茶色の革靴の上にオイルをこぼして大きなシミができてしまった時。 「もう捨てるしかないね、、」と話していると「ベビーパウダーある?」とマンマ。 ベビーパウダーはないと言うと「じゃ小麦粉は?」 小麦粉を靴の上に振りかけてポンポンたたいてしばらくそのまま置いておいた。 すると小麦粉が油を吸い取ってかなり近づいてよーく見ないと見えないほどにシミが消えた。 一同感動。

二人暮しなのに洗濯物が異常に多い我が家。 白いもの、黒いもの、柄物、キッチンふきん、マット類、シーツ類、デリケートな服と分けて洗濯してるから一週間に何度も洗濯機を回さなければ洗濯機の前はすぐに洗い物の山ができてしまう。 今日もだいぶ溜まってきてるけど、、目をつぶって週末までガマン。

[PR]
by mogliettina | 2007-06-14 22:55 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/6312455
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。