イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

野菜を長持ちさせるには

3チャンネル(NHKの教育テレビ)で放送されている「今日の料理ビギナーズ」をたまたま昨日、今日と見た。 昨日は野菜の目利き術、今日はいきいき長持ち野菜の保存法。
もともと料理を全くしなかった私にとっては「なるほど~」と、とっても勉強になる。
キャベツは丸ごとかったら芯をくりぬいてぬらしたキッチンタオルを詰め、育ったときの状態=立てて冷蔵庫に入れる。 アスパラはまとめてあるゴムを外してぬらしたキッチンタオルでくるんでからラップで更にくるんで冷蔵庫へ。 じゃがいもは冷蔵庫には入れずかごなどに入れて涼しい場所に保存する。(うちのじゃがいもは冷蔵庫に入っている。。)等など。
たしかにおととい買ったアスパラ、そのままポンっと冷蔵庫に入れてあるからさっき見たら穂先が曲がってた。

アモのママはとっても保存上手。 なぜならばパパがマーケットでディスカウントしてもらえるように大量に野菜を買ってくるから腐って食べれなくならないように保存しなければいけないからだそう。 ママが使っていたこの袋はジップロックみたいに使う。 マチ付きの袋で口は箱の中に入っている白い針金を使って止める。
c0102268_22361623.jpg
サニーレタスやローメインレタスを洗ってオクソーのサラダスピナーでよく水気を切ったらこの袋に入れて冷蔵庫に保存。 これで一週間くらい新鮮に野菜が保てる。
c0102268_22422296.jpg
こうしておけば食べる直前にキッチンバサミでチョキチョキ切ってすぐにサラダが出来て、仕事から帰ってきて夕食の準備が楽。
その他にも天然酵母のバゲットを焼いたときに一口サイズに切って入れたり、旅行の時に液体の入ったビンを入れたり・・とても便利。
スーパーで売っていてイタリアに行くといつも大・中の2サイズを買ってくる。

ところで先日東京ミッドタウンのAgronaturaで買ったBio Leaves(ビオ リーブス)の居住用多目的洗剤がなかなかいい。 水で薄めたものを無印で買ったスプレー容器に入れておいてシュッシュとしてタオルで拭くとキッチンも家具もピカピカ。 
c0102268_22565638.jpg
無農薬栽培されたハーブで出来ているから安心だし! 今度は食器を洗う洗剤も買ってみようかな。

[PR]
by mogliettina | 2007-04-04 23:01 | イタリアングッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/5839053
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。