イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

結婚指輪

そういえば結婚指輪を二人で買いに行ったのは去年の先週末、2月11日だったことを思い出した。 結婚しようと決めたのが1月、そして2月の私の誕生日プレゼントがこの結婚指輪。イタリアではゴールドの指輪が多いけど私達はプラチナにし、しかも私のはエタニティー。 この時はまだ式の日取りが決まっていなくて指輪の裏側への刻印はまた後日ということで家に持ち帰ったのでした。
c0102268_21395967.jpg
とはいうものの式は4月。アモ曰く、指輪は両親の前で開けるのが習慣とのことで指輪を買ってからの2ヶ月間、箱を開ける事は許されず。 
それなのに式当日、私達二人は先に会場入り。 式場の人に「指輪は箱から出しておいてくださいね。」と言われて結局私が控え室で一人でリボンをほどいて開けたのでした。。

式後アモの家族に二人で指輪を見せると、「あれっ、なんでデザインが違うの?」 しばしの沈黙。 イタリアでは結婚指輪は同じデザインと決まっているらしい。

式が終わってアモ、アモのママ、そして私の三人はタクシーでカフェに移動。
するとアモが「あれっ!! 指輪がない!!」 式が終わって30分しかたってないのにそんなことって!?!?と驚くママと私。 慌てるアモ。 でもママは冷静に言った。「ポケットの中に入ってないの? さっき手を入れたけど。」 アモがポケットに手を入れると・・・「あった!」 さすがママ。 どうもアモの指輪が大きいと思ってたけど後日お店にお直しに持っていくとなんと2サイズも大きかった。。 
 
後日アモの家族がうちに来て棚に置いてある指輪を見て「結婚指輪外してるの?」と驚く。 イタリアでは結婚指輪はつけたままらしい。 私は家に帰ると全てのアクセサリーをまず外すのが習慣。 家で指輪はしたくない。 でも私達は国際結婚。 デザインが違う指輪と同様「日本ではそれが普通。」と言うと丸く収まる。 なんて便利な国際結婚♪ そういえば婚約指輪を買ってもらうときも「指輪より他のもの買ったほうがいいんじゃない?」と言うアモに「日本では婚約指輪をもらわないと結婚できないっていうルールがあるんだよ。」と言って買わせた(笑)。 さすがに本人もそんなはずはないだろうと分かってたみたいだけど!

結局一年たつけどまだ刻印はしていない。 早くお店に持っていかないと!

[PR]
by mogliettina | 2007-02-13 22:15 | イベント | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/5521868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。