イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

エピファニアが終わると・・

イタリアでは昨日1月6日はEpifania(エピファニア)。
Epifaniaとは東方の三博士がキリスト礼拝にやってきたことを記念するクリスマス後12日目(1月6日)のお祭り。 東方三博士がイエスに貢ぎ物を捧げたといわれ、かつてはこの日がイエスの誕生日だった名残からエピファニアでは子供たちに新年のお祝いのおもちゃを贈る習慣がある。
子供たちにプレゼントを届けるのはベファーナと呼ばれるお婆さん。
c0102268_22215367.jpg
このこわーい顔のお婆さんがほうきにのって家の煙突から入ってきてプレゼントを置いていくらしい。 アモは子供の頃「自分は一年間いい子にしていたのでプレゼントを下さい。」とべファーナ婆さんに手紙を書き、1月6日にママが「今キッチンで物音がしたよ!」と言うとすぐに妹とキッチンに駆けつけたらしい。 するとキッチンのあちこちにプレゼントが置いてあったそうな。

このエピファニアが終わるとクリスマスの飾り付けを片付け街では一斉にバーゲンセールが始まる。
という訳で今までずっと飾ってあった我が家のクリスマスツリーとリースもお片づけ。
c0102268_22364038.jpg
モミの木は毎年夏にイタリアに帰ってる間に枯れちゃうけど飾りとリースは一緒に住み始めた三年前に二人で買ったもの。 
アモが生まれた時からずっと同じクリスマスツリーを使ってるアモのママのように
私達も同じ飾りをずっと使っていきたいな。
[PR]
by mogliettina | 2007-01-07 22:11 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/5267002
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。