イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

選択制

左手首のにできたガングリオン。
最近は腱鞘炎のような痛みで夕方はPCを打つのも辛いほど。
また中のゼリーを抜いてもらおうかな、と今日は朝から病院に行ってきました。

診察していただくと、まだ小さいからあまり抜けないと思うけど
抜くなら抜きますよ。 と。

アモが手を骨折した時も、添え木にするか、手術するかどちらがいいか聞かれ
「日本のドクターは患者に意思決定を求める」と驚いていましたが
本日もやはり選択制。 「どっちでもいいですよー」って。

本当はこのくらいの大きさだとあまり痛みはないはずらしいのですが
たぶん手の筋の上にできているから痛いのだろうということで
注射は痛いけど、やっぱり抜くことに決意。
ゼリーが通るように太い針の注射なので痛いんですよ~~(涙)
c0102268_2237314.jpg
まだ痛いですが・・・ 
本日の診察料、450円。 
これで毎日の苦痛がなくなるなら安いものです。

もうしばらく再発しませんように(祈)

---------------------------------------

[PR]
by mogliettina | 2010-07-03 22:41 | 日々の出来事 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/14707207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sono_aco at 2010-07-04 10:26 x
Povera mogliettinaさん.....!!!
まだ痛いですか???

「ガングリオン」って初めて聞きて調べたら
若い女性の発症率が高いんですってね。。。

どうぞお大事に!!!
Commented by pini at 2010-07-04 23:07 x
私もガングリオン持ちです。しかも私も全く同じ場所です!!放っておいて小さくなったり(吸収されるんかしら?)しつこく痛みが続いたり・・厄介ですよね。
トリノはずっと悪天候でしたが、パルマはジリジリと夏の日差しでしたよー。トリノは静かな街で、皆話し方が静かな感じでサッカーの試合に調度当たっていたんですが、街はたまにブブセラの音がひとつブーと聞こえるのみで、静かで驚きました。一方パルマはひっきりなしにパトカーの音が・・・私としては結構賑やかな方がイタリア来た〜って感じるので好きです。パトカーは別として(苦笑)
Commented by mogliettina at 2010-07-05 20:14
sono_acoさん、こんばんは^^
今日は痛みも取れてなかなかいい感じです。
「若い女性」、そうなんですよ~! なのでまだ若い証し?なんて(笑) ガングリオンが出来る人はゼリーがたまる袋ができているそうで、手術して取らない限りまた再発するらしいんです。
「だったらあと数年だろうからそのままで・・」と言ったら先生に
「まだ十分若いですよ」と笑われてしまいました~

piniさん、お帰りなさい~!イタリア旅行、満喫されてきましたか?
静かなイタリア、たしかにイタリアっぽくないですね(笑)
北の人は静かなのかしら? 静かなイタリア人って、想像できない・・。 
ガングリオン、手首や足首に出来る人が多いそうです。
確かに気付いたらなくなったりすることもあるらしいですが、私は日に日に悪化して痛くなったので、取ってしまうことにしました。
痛いのは抜く時と翌日くらい。 先生いわく「麻酔したいくらいの痛さですよね!」でしたが私は結構大丈夫でした。
意外と痛みに強いのかも!?