イタリア人の夫アモとの日々の暮らし。

by mogliettina

京懐石に感動

今年のバースデーディナーはどこに行こうか悩んでいましたが
念願の「赤坂の料亭」にしました。
c0102268_14501998.jpg
菊乃井さんです。

お店の玄関までの竹に囲まれた敷石の道のりも素敵で、都会の真ん中とは思えない風情でした。
お料理はコースメニューだったので、何が出てくるのか毎回とても楽しみでしたが
季節に合わせたすばらしいお料理の数々に感動の連続でした。

目にも美しい八寸
c0102268_1584930.jpg
向付はふぐ刺し。
c0102268_1510347.jpg
こんなにたくさんのふぐ刺しを独り占めなんて、幸せです。

そして焼物の松葉蟹がまた素晴らしかったです。
お食事を始めたころに見せて頂いた時にはまだ活きていたこの松葉蟹。
c0102268_16261129.jpg
目の前で炭火焼きして下さり、そのまま何も付けずに頂くと肉厚で柔らかくなんとも言えないおいしさでした。
c0102268_16283552.jpg
そしてアモも唸った絶品の、蟹みそ。
c0102268_16304433.jpg
全て食べ終わってからは甲羅に熱燗を注ぎ、更に蟹の香りを楽しみます。

芸術のように美しかったのが煮物椀。
c0102268_1634665.jpg
雪に見立てたこの薄切りにした大根から下のお野菜が透けて美しく、お味もだしが利いていてとてもおいしかったです。

他にも和歌山の三宝柑を器にした白子豆腐蒸しやトリュフ、岩塩、ゆずをのせたふぐの肝、鴨団子の入ったお椀など
贅沢な、そして繊細な日本料理の世界を堪能させて頂きました。

スッポンのお鍋には驚きましたが2種類のせりの苦味がなんともいえず
御飯の蒸し寿司の頃にはすっかり満腹でした。

ここに決める時に、いつものNOBU Tokyoや新宿ハイアットのNewYork Grillなどのほうが
いいのでは?と言っていたアモでしたが、さすがにこのお料理の後には
「やっぱりここに来て良かったね。」と、真の日本料理に感動したようです。
多分数年前だったらほとんどのお料理が食べられなかったと思うのですが
アモの成長ぶり(笑)にも驚かされました。

今回まったく料亭の事は分からないので口コミ評判のいい料亭を、と探して菊乃井さんにしたのですが、
ミシュラン二つ星も納得のお料理とおもてなし。
素敵なバースデーに、生きていてよかった、と心から思えた夜でした。

[PR]
by mogliettina | 2010-02-11 17:04 | レストラン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://moglietta.exblog.jp/tb/13708861
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。